ドイツ時計街道
選択

黒い森地方の「時の歴史」─ ドイツ時計街道

時を計ることに興味がありますか?  全長約300キロメートルのドイツ時計街道では、魅力的な風景を経験できるだけでなく、時間とその番人、さらには「時を打つ」ことの歴史について知ることができます。

この街道は、フィリンゲン=シュヴェンニンゲンを起点として、黒い森 (シュヴァルツヴァルト) 地方とバール地方の中央部を通る周回ルートです。途中には、この地方の時計の歴史に関連した、興味深い博物館や観光スポットがあります。 また、時計工場や時計職人の作業場、文字盤絵師の工房もあり、彼らの日々の作業について知ることができます。 “時計地方” の真ん中で、黒い森にとって時計製造がどれだけ重要な意味を持っているのか体験してください。 この街道では、国際的な時間測定について概観できますし、黒い森の象徴であるカッコー時計が今なお魅力を失っていないことも分かります。 この街道を訪れるのなら、世界最大のカッコー時計を絶対に見逃さないでください。トリーベルクからシェーンベルクに行く途中にある、高さが15メートル以上のもので、ギネスブックにも掲載されています。 もし余裕があれば、この地方の名物、たとえば固い「黒い森のハム」や栄養たっぷりの「農家パン」、西洋スモモやサクランボからつくった蒸留酒、有名な黒い森のキルシュトルテ (チェリー入りタルト) などを食べるチャンスを逃さないでください。 “時計の世界” では時間を取ってください。時計は、時間の使い方が分かっている人のために、チクタク音を刻んでいるのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました