遠くまで見渡せて、誰もが楽しめるルート
ヴェストグロセフェーン ©Deutsche Fehnroute e. V., Leer
観光街道を選択
ドイツ・フェーンルート

遠くまで見渡せて、誰もが楽しめるルート

ドイツとオランダの国境地帯を走るドイツ・フェーンルートは、名前の響きが良いだけではありません。パーペンブルクを起点・終点に、分かりやすく標識が設けられた、全長170キロメートル余りの周回コースでは、緑の大地を気持ちよくドライブしたり、さほど苦労を感じずにサイクリングを楽しんだり、さらには “運河クルーズ” で “船乗りのロマン” を体験できるのです。

ドイツ・フェーンルートは、南のパーペンブルクから北のアウリッヒまで続く観光街道で、東側にはアマーラント地方が広がり、西側ではエムス川が自然の境界になっています。水門や跳ね橋が設けられ、船舶の通行も可能なフェーン運河 (北ドイツの方言ではヴィーク) 、緑の草原、堤状の美しい垣根、見事なバルコニー型風車の数々、歴史がありそうな湿地帯のフーフェンドルフ (列村の一種) 、主に赤いクリンカー・タイルが用いられた道路沿いの家屋……このルートの本質になっているのは、ピュアな “フェーン文化” です。

様々な面を持つルート

この観光街道の名称は、オランダ語のフェーン (湿地) に由来しています。そして街道上には、フェーンという言葉を含む地名が、現在も多数存在するのです。これは、16/17世紀に行われた開墾方法に起因します。Jh. durchgeführte Kultivierungsmethode. それは、運河を引くことで湿地を干上がらせようとする試みでした。「午後のお茶に来る人が、早くも朝には見えてくる」という決まり文句は、この平坦で牧歌的な風景を的確に表現しています。

東フリースラント地方の最も美しい面

地平線まで及ぶ素晴らしい眺望は、広大や自由、豪壮といったイメージを呼び起こします。そして、開けたフェーン地方を旅していると、「モイン、モイン」という、この地方ならではの挨拶を頻繁に耳にするはずです。堤防と草原、河川、さらには自然保護区の湿地帯が、フェーン地方の田園風景を特徴づけています。草原や農地を貫き、堤防沿いに走る細い道は、自然の中にたった一人でいるような感覚をもたらします ─ 白い毛をまとった羊が穏やかに草を食み、空では鳥が円を描いて、雲が流れる……自然は何と素晴らしい演出をするのでしょう。

歴史的な文化

ルート上には、東フリースラント地方の文化を伝える “証人” たちが多数現れます。たとえば、堂々たる風車や現在も使用されている水門、この地方に典型的な白い跳ね橋、非常に古い煉瓦造りの教会、愛らしいグルフハウス (東フリースラント地方の伝統的家屋) などです。さらに、小さいながらも興味深い博物館が、湿地開拓者や船乗りたちの印象的な歴史を物語り、東フリースラント地方の伝統と習慣を紹介します。ちなみに航海と造船は、この地域にとって今日なお重要な存在です。この事実は、レーアやパーペンブルクといった魅力的な港町 ─ いずれも田園部の静寂とは対照的に活気のある街 ─ で確認できます。

ドイツ・フェーンルート

全長:約170 km

テーマ:フェーン文化、自然

見どころ:
アーペン: アマーラント・ハム博物館、教会
エリザベーテンフェーン: 湿地&フェーン博物館、船舶が通行可能なフェーン運河
ユンメ: シュティックハウゼン城
レーア: ハンザ/港湾都市、レーダ防潮堰、ミトリング=マルク風車と関連施設
モールマーラント: フェーン風景地ボエクツェテラー・メーア、フェエンフーゼン自然保護区、
修道院墓地
パーペンブルク: マイヤー造船所、ドイツ最大のフェーン集落
ザーターラント: バルコニー型オランダ風車
ヴェストグローセフェーン: フェーン関連施設、フェーン博物館、オランダ風車
ヴィースモール: オルガン噴水、花卉展示ホール、水門

www.deutsche-fehnroute.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: