ドイツ・フェリー街道
選択

ドイツ・フェリー街道 – 寄り道を含めて、様々な可能性がある水上体験

全長250キロメートルの “水上博物館” ドイツ・フェリー街道は、浅瀬とフェリー (平底船)、そして水上交通を結びつけるものです。皇帝時代の技術的傑作や近代的な橋、ブレーマーフェルデのトンネル……オステ川からエルベ川下流、北海・バルト海運河を経て、キール湾まに達するルートです。

「17のフェリーに乗り、13の橋を渡る」というのが、この街道のスローガンです。 泥地や乾燥高地、低湿地に囲まれた場所で、フェリーによる体験休暇……堤防や灯台に守られるように、カモメの鳴き声を聞きながら、あるいは豪華船と並走して……ドイツ北部の海洋的な雰囲気の中で、原始的な「牛の渡し場」から世界最先端の「クルーズ船」まで、水上を移動するために人間が思いついた、ほとんど全ての可能性を経験してください。 ここでは「海には莫大な財宝が眠り、古い港や船、クレーン、倉庫が歴史を物語る」といった夢が、現実のものとなっています。 歴史的な都市や絵のように美しい町、鉛筆のような教会塔が突き出た集落、さらには特徴のある低湿地帯や “鳥の楽園” が代わる代わる現れます。 そして、河川と海洋が別れ、浅瀬とフェリーが結びつきます。 水上を横切るという点において、ドイツ・フェリー街道ほど歴史的・近代的な可能性を提供している場所は、他にはないでしょう。 オステラント地方、オステン・ヘンモール間の懸垂式フェリーのあたりは、シーカヤックやキャビン付きボートを利用する人にとって理想的な地域です。 しかもノイハウスの水門までは、5馬力以下のキャビン付きボートを免許なしで運転できます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました