世界を象徴するボールは丸く、芝生は神聖
エッセンのツォルフェライン炭鉱 ©Deutsche Fussball Route NRW e.V. Duisburg (Ralph Lueger)
観光街道を選択
ドイツ・サッカールート

世界を象徴するボールは丸く、芝生は神聖

ノルトライン・ヴェストファーレン州では、「90分間のスペクタクル」であるサッカーが遙か昔から重要な役割を果たしており、スタジアムはサッカーファンの胸が高鳴る “神殿” さながらの様相を呈しています。ドイツ・サッカールートは、ノルトライン・ヴェストファーレン州を貫く、全長約800キロメートルの観光街道です。アーヘンからビーレフェルトまで、国内・国際的なサッカーシーンの舞台を、自動車や自転車で辿ることができます。

人気のサッカーをテーマにした “現代のメルヘン街道” は、アイフェル山地の端から、トイトブルクの森のヘルマンスヘーエまで、ノルトライン・ヴェストファーレン州を横切る形での、スタジアム巡りに誘います。サッカーファンや地域愛が強い人にとって、ドイツ・サッカールートの旅は、本場で「パス回し」をするような体験になるでしょう。

開始のホイッスルが鳴るのはアーヘン

この観光街道は、サッカー史に残る都市や現代的/伝統的なスタジアム、ファンが集まる店、記念碑、クラブ博物館などを結んでいます。そして、 “サイド・バイ・サイド” に走るサイクリングロードでも、ユネスコ世界遺産や観光スポットを交えながら、サッカーの魅力と歴史を身近に体験できますし、過去や現在のプレーヤーについて様々な情報を得られます。

サッカーと神は、万人を受け入れる

ここでは、国内・国際的な出来事の舞台やスター選手、観光客向けアトラクション、さらには芸術に関連した、多数の「ボール体験ポイント」を道標に進むことになります。途中では、巨大なスタジアムの他にも、骨の髄までのファンやその予備軍、そしてももちろんサッカーボールをめぐる、とっておきの情報や本質的な意味、奇妙なエピソードに出会えます。

また、ドイツ・サッカールートでは、緊張感や試合、忘れられないゴール、キーパーのスーパーセーブ、歓声を、あるいは輝かしい勝利や悲劇的な敗戦、血、汗、涙を、さらにはタイトルと栄光を、全く異なる視点で体験できるのです。

至る所にサッカーが

2つのゴールマウスに挟まれた “聖なる芝生” の上では、タックルやチャージ、ファウルを交えながら、試合が繰り広げられます。そして観客席では、ファンたちが前後半を通して共に熱狂し、自らのチームを叱咤したり、歌ったり、冷たいビールを喉に流し込んだり、レフェリーを罵ったりするのです。テニスやゴルフで、こんな光景が見られるでしょうか?絶対にありえません!ますます多くのクラブが、ファンに “聖地” を開放しつつあります。たとえば最先端のスタジアム、あるいは様々な神話を伝えるクラブ博物館、さらには試合の楽しみを台無しにするような人間を収容する拘束施設……。

800キロメートルに及ぶ歓喜と情熱

これらの全てが、暑い砂漠を進む巡礼者にとってオアシスがそうであるように、サッカーファンにとって重要なものなのです。

ドイツ・サッカールート

全長:約800 km

テーマ:サッカー、スポーツ、文化

見どころ:
アーヘン: 大聖堂、ミュージアム、スタジアム
ビーレフェルト: スタジアム、シュパレンブルク城、宗教建築
ボーフム: スタジアム、プラネタリウム、ミュージアム
ボン: スタジアム、宮殿、ベートーヴェンの家
ドルトムント: スタジアム、ツォレルン炭鉱、見学用鉱山
デュイスブルク: スタジアム、ミュージアム、動物園
デュッセルドルフ: スタジアム、ショッピングモール、メディエンハーフェン
エッセン: スタジアム、ツォルフェライン炭鉱 (世界遺産) 、ヴィラ・ヒューゲル
ゲルゼンキルヒェン: スタジアム、ZOOM体験ワールド、ミュージアム
ケルン: スタジアム、スポーツ大学、大聖堂
オーバーハウゼン: スタジアム、ガスタンク、レゴランド・ディスカバリー・センター
ヴッパータール: スタジアム、モノレール、動物園

www.dfr-nrw.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: