ドイツ・サッカールート
選択

世界を意味するボールは丸く、芝生は神聖 ─ ドイツ・サッカールート

「90分間のスペクタクル」であるサッカー神話は、ノルトライン・ヴェストファーレン州では、ずっと以前から重要な役割を果たしており、スタジアムはサッカーファンの胸が高鳴る “神殿” となっています。 全長800キロメートルのドイツ・サッカールートは、ノルトライン・ヴェストファーレン州を貫いて、サッカーイベントが開催される国内外の “神殿” へ続いています。

人気のサッカーをテーマにした “現代のメルヘン街道” は、ノルトライン・ヴェストファーレン州を横切るように、アイフェル山地の端からトイトブルクの森のヘルマンスヘーエまで続いています。 忘れがたいゴール、キーパーの華々しいディフェンス、輝かしい勝利、悲劇的な敗戦、血、汗、涙は、あらゆるサッカーファンの魂にとって、巡礼者が熱帯砂漠地帯で見つけるオアシスほどの重要性があります。 この観光街道は、サッカーワールドのエッセンスを、魅力的な観光地や文化的なハイライトと結びつけています。 ルート上には、アーヘンケルンエッセンといった世界文化遺産都市の他にも、ミュンスターのプリンツィパルマルクト広場ヴッパータールのモノレール、「ヴェストファーレンのヴェルサイユ」などの観光名所があります。 そして、至る所にサッカーが顔を覗かせているのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました