ドイツ木組みの家街道
選択

ドイツ木組みの家街道 ─ 環境に優しい、昔ながらの職人技術

ドイツ木組みの家街道は、エルベ川からボーデン湖に至る、全長2,800キロメートルのルートです。中世の雰囲気やロマンチックなオーラに包まれた100近い都市が、美しいフォルムの中に、様々なスタイルを含有する木組みの家を紹介しています。

堂々としたファサード (建物正面部分) と小さな窓 ─ 木組みの家は繊細な魅力に溢れ、非常にエコロジカルで、見た目も美しい建築方法なのです! このドイツ最長で国際的な重要性もある観光街道は、7つの地域コースで構成されています。街道上では、“木組みの家の世界” が、木組み造りのあらゆる特徴と技巧をもって、観光客を歓迎しています。 コントラスト豊かな風景の中、保養地や祝祭地が、自然公園やロマンチックな田園地帯と交互に現れます。 ドイツの木組みの家は、スタイルやフォルム、色彩において実に多様です。 このルートは、質的にも量的にも、世界的に比類のない木組み建築物を結びつけています。 印象的なアンサンブル、大胆な構造、見事な装飾、鮮やかな彩色……旅は最大1000年もの歴史を遡り、それぞれの地域で典型的なスタイルを目にすることになります。 とはいえ、この文化ルートが心地よく感じられるのは、建築学的に貴重なものがあるからだけではありません。ルート上には、フリードリヒ・シラーが生を受けた町やゲーテがシャルロッテに恋をした土地がありますし、他にもグリム兄弟がメルヘンを記述した町、エッペルボイやボックビールが生まれた場所もあるのです。 世界最大のクリスマス用ロウソクやドイツ唯一の象牙博物館も忘れるわけにはいきません。その他多くのものが、ドイツ木組みの家街道の全体像を完全なものにしています。 旅の足となるのが自転車であろうと、乗用車であろうと、あるいはキャンピングカーであろうと、なぜニーダーザクセン地方の木組みの家が、ボーデン湖畔のものとこれだけ異なっているのか探り出すことは可能なはずです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました