ガラス街道
選択

ガラス街道:魅力的なガラス&クリスタルガラスの世界を通り抜け、美しい森を旅する

ガラス街道は、ヨーロッパのクリスタルガラス製造の中心地ノイシュタット・アン・デァ・ヴァルトナープから、様々な時代のガラス製品15,000点が展示されているパッサウのガラス博物館まで、約250キロメートルの行程です。 この街道で、ガラスの多様性を、その歴史的なルーツやインターナショナルな雰囲気を含めて体験してください。

多くの人にとって、この街道は “豪華街道” そのものです。というのも、ガラス製品のファンが長い間夢見ていたものが、現実のものとなっているからです。 ガラス工業という非常に古い手工業を、ここと同じぐらいの創造性をもって行っている地域は、ほんの僅かしか残っていません。 ガラス製造は、2000年以上も前に「吹きガラス技法」が成立して以来、本質的には何も変わっていません。 街道上のガラス工場を訪問するのは “熱い” 体験になります。ケイ砂や炭酸ナトリウム、炭酸カルシウムから、クリスタルガラスの美しさを生み出すためには、1,500度 (!) に熱さなければならないからです。 実演作業場ではガラス製品の製造工程を目にできますし、ガラス製品見学会や展示会、講習会も至る所で開催されています。 ガラス職人による昔ながらの手作業は、今日でも機械では代替できません。口で膨らませて形成する伝統は大切に守られ、多くの土地に今なお生きているのです。 トウヒとブナの木の海が、連続しているものとしては中央ヨーロッパ最大の森林地帯の豊かな自然とひとつになり、まだ新しいガラス街道にとって、素晴らしい舞台背景になっています。 ヨーロッパのクリスタルガラスの中心地からパッサウのガラス博物館までは、国際的なガラス産業の巨人たちが、真珠のネックレスさながらに連なっています。 多数のガラス工場には広々としたショールームがあり、様々なガラス製品を眺めたり、購入することができます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました