アーハウス城、裏側
アーハウス城、裏側 ©EUREGIO
観光街道を選択
ハマラント・ルート

ハマラント・ルート ─ 様々なものが結びついたオリジナル体験ルート

国境をまたいでの文化史体験旅行 ─ ハマラント・ルートは、ミュンスターラント地方の西北部とオランダ東部を通る、全長約250キロメートルの観光街道です。3世紀頃のゲルマン民族の足跡を辿るように、ハマラント地方を旅してください。自動車やオートバイ、自転車、徒歩で移動できますし、一部の区間はインラインスケートにも対応しています。

ハマラント・ルートは、過去から現代への橋渡しをするような観光街道です。このルートは、古代ザクセン人の居住地の最も美しい部分を通っています:ドイツ・オランダ国境を何度も行き来しながら、ミュンスターラント地方の風光明媚な土地、オランダのアハテルフーク地方とトゥウェンテ地方を進むのです。

ほとんど知られていないルート

しかし、それも今変わります!ハマラントの風景を特徴づけているのは、水と空です。樹木が群生し、広々とした農耕地や牧草地が生垣で区画され、並木道が果てしなく続く、変化に富んだ土地……ミュンスターラント地方に典型的な緑地風景も体験できます。どんなカメラマンも虜にするような、木組みの家が並ぶ愛らしい村、中世の面影を残す大農場、神秘的な雰囲気を漂わせる修道院、古い領主館、ミュンスターラント地方に特徴的な水城、ロマンチックな古城の数々……ここでは、本当に多くのものを目にできるのです。

国境を何度も往来しながら

この平坦な土地で何度も国境を行き来していると、風景の一部と化した、歴史的な風車と水車が歓迎してくれます。そして “クロイ公の野生馬” も、立ち寄るだけの価値があります。デュルメン市の西側に広がるメーアフェルト湿地では、クロイ公爵が “野生馬” を飼育しているのです。250頭もの馬が放牧され、草原や牧草地で草を食んでいます。その光景は、中央ヨーロッパでは他に類を見ないアトラクションとして、夏の数ヶ月間観光客を感嘆させています。

時計回りにタイムトラベル

ハマラント・ルートは、過去から現代への橋渡しをするような観光街道です。この土地と生活している人々への理解を深めてください。そして、ハマラント地方の旅を通して、文化や自然、建築における、ドイツとオランダの相違点と共通点を発見してください。

ハマラント・ルート

全長:約250 km

テーマ:風景、文化、歴史

見どころ:
アーハウス: 水城
ボルケン: 修道院、水城、宗教建築、自然保護区
デュルメン: 野生馬
ゲッシャー: 鐘博物館
レーグデン: ダリア村、歴史的な 旧市街、ラエスフェルト村:水城、聖マルティン教会
ラムスドルフ: 城、博物館
シュタットローン: 宗教建築、ミュージアム
フェーレン: 自然公園、水城
フレーデン: ハマラント博物館、ミュンスターラント公園&庭園

www.hamalandroute.de

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: