国際ドラルト・ルート
選択

海と湿原の間のピュアな自然:国際ドラルト・ルート

全長約180キロメートルのドラルト・ルートは、北ドイツとオランダの低湿地を通る、国際的な観光街道です。至る所に水をたたえる東フリースラント沿岸地方の、クールな魅力が特徴となっています。

風と水に特徴づけられた地域が、エムス川やドラルト湾 ─ エムス川の西側に広がる、面積約100平方キロメートルの入り江 ─ に沿って、平坦に広がっています。 ドラルト湾は、中世の陥没によって発生した汽水湾で、海水と淡水が混入しています。ドイツ・オランダのワッデン海では、潮の影響を受ける、最後の大規模汽水湾とされています。 湾内のフェリー遊覧は、この観光街道のクライマックスです。 ルート上では、豪奢な農場や湿地、乾燥高地がある干拓地やロマンチックな教会、小さくて簡素な漁村、港町、海の雰囲気などを見たり感じたりできます。 ルートの全行程で、“文化的な宝石” が道を縁取っています。 それは地域の歴史を反映する建築物だったり、小さな水門港の独特な雰囲気だったりします。 エムス=ドラルト地域は、多種多様なパイプオルガン ─ 極めて保存状態の良いものも含む ─ により、世界有数の “オルガン地方” になっています。 この地域の経済において、長い間重要な役割を果たしてきたレンガ製造業もまた、その痕跡を残しています。 赤煉瓦の建物は、東フリースラント地方では、紅茶やキャベツのようにありきたりのものなのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました