海と湿原の間に広がるピュアな自然とさわやかな涼風
ユイスト島/東フリースラント地方:砂丘 ©DZT (Studio Bormann)
観光街道を選択
国際ドラルト・ルート

海と湿原の間に広がるピュアな自然とさわやかな涼風

国際ドラルト・ルートは、国境を越えて続く、全長約300キロメートルの周回コースです。北ドイツとオランダのライダーラント地域を通るもので、至るところに水をたたえる東フリースラント地方沿岸部の、いくぶん荒涼とした美しさが特徴といえます。

ピュアな自然、地平線を目指しての果てしないサイクリングや湿地ハイキング、絶えず吹き付けてくる強めのブリーズ ─ それが国際ドラルト・ルートです。東フリースラント地方のライダーラント地域を横断し、隣国オランダのフローニンゲン州まで旅してください。ここでは、風と水が特徴となる自然風景が、エムス川やドラルト湾に沿って広がっています。ちなみにドラルト湾は、エムス川の河口西側に広がる、面積約100平方キロメートルの入り江です。

海を感じたいですか?

星空を除けば、神の創造物の中で、最も大きくて最も美しいもの ─ それが海です。ドラルト湾は、中世の陥没によって生まれた汽水湾で、海水と淡水が混在しています。ドイツからオランダに至るワッデン海で、潮の影響を受ける、最後の大規模汽水湾です。船による湾内遊覧は、このルートのハイライトに挙げられます。広く見渡して、潮騒と砂浜、ワッデン海、堤防、島、さらには風の音とカモメの鳴き声に満ちた風景を堪能してください。

海で様々な可能性を発見

この観光街道では、大規模な農場と泥地、砂状荒野、低湿地を含む干拓風景の他に、ロマンチックな教会や鄙びた漁村、港町、海の香りなどを見たり感じたりできます。そして、様々な “宝石” がルートを縁取っています。それは、地域の歴史を反映する建築物だったり、小さな水門港に漂う独特な雰囲気だったりします。

冬には、フリースラント地方特有の “魔法” が、ドラルト湾にかけられます ─ 空気はさらに澄み、低い太陽によって風景がより美しく演出され、類い稀な静寂はますます癒やし効果を持つことになります。夏のドラルト湾には「リフレッシュ効果そのもの」といった趣がありますが、冬のドラルト湾を2~3日体験したら、自分自身が生まれ変わったように感じるはずです。

魅了するのは、水だけではありません

エムス=ドラルト地域は、極めて保存状態の良いものを含む、多種多様なオルガンにより、世界有数の “オルガン地帯” になっています。そして、この地域の経済において、長い間重要な役割を果たしてきた煉瓦製造業も、その痕跡を残しています。東フリースラント地方では、赤煉瓦の建物は、紅茶やキャベツ、魚のように、ごく当たり前のものなのです。それから、東フリースラント地方の “お茶文化” にも親しんでください。まずは、堤防でピクニックを楽しんだら、街道沿いの「ミルクハウス」に立ち寄って、コーヒーや紅茶、自家製クッキーを味わってみてください。

国際ドラルト・ルート

全長:約300 km

テーマ:風景、自然

見どころ:
ボルクム島: 北海の島、灯台、灯台船
ブンデ: 自然公園&クアパーク、シュタインハウス・ブンダーヘー、風車
ディツム: 港、フェリー、教会
エムデン: 美術館、ミュージアム船
ヘセル: バルテ修道院、シュティケルカンプ農場、廃村
イェムグム: ボート造船所、煉瓦工場、貸別荘
ユンメ/データーン: 城博物館、野外カートコース、貸自転車
レーア: 旧市街、スポーツボート・ハーバー、ドイツ唯一の手動フェリー
パーペンブルク: マイヤー造船所

www.dollard-route.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: