ライン伝説街道
選択

ライン伝説街道:ロマンチック・ラインの伝説 ─ 全ては川の畔で

ライン伝説街道は、デュッセルドルフマインツの間のライン川両岸を通る、約586キロメートルのルートです。有名な伝説や美しい物語の舞台となった、100以上の観光名所に続いています。

このルートは、息をのむような風景の中、とても美しい場所へと導きます。すでに19世紀初頭には、ライン・ロマン主義者たちが ここで作品のインスピレーションを得ていました。 このルートは、ドイツ最大の川沿いに眠る、古の神話や伝承、伝説をよみがえらせるものです。たとえば、ケルンの小妖精ハインツェルのこと、なぜアンデルナッハがパン屋の職人の町なのか、ドラッヘンフェルツにおけるジークフリートの戦い、ニーベルンゲンの財宝、そして金髪の乙女ローレライ……。 ローレライの渓谷は、とりわけ伝説的なものです。 さらには、ビンゲンの「ネズミの塔」やコブレンツの「アウゲンローラー」、なぜマルクスブルク城は今日マルクスブルク城と呼ばれているのかというブラウバッハの伝承……。 ライン川とナーエ川の間では『愚かなドイツ人』の真因を究めることができますし、キルンでは『トリューベンバッハの伝承』に含まれている真実の割合を調べることができます。 ラインガウ地方は、エーバーバッハ修道院やヴィースバーデンの温泉を愛する人に十分な活動範囲を与えてくれますし、マインツでは市紋章成立にかかわる伝説を探り出すことができます。 とはいえ、多方面にわたる探求熱と驚くべき発見のあまり、他のたくさんの観光スポットを見落とさないでください。 ビンゲンとコブレンツの間で、ライン川が粘板岩山地を分断しているあたりは、ユネスコ世界文化遺産「ライン渓谷中流上部」の一部になっていますし、ドイツ古城ロマンを代表する場所でもあります。 神話や伝承、物語の舞台となっている場所は、徒歩の旅でこそよく知ることができますし、自転車で回ることも可能です ─ 驚くこと請け合いです!

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました