ニーダーザクセン・ミルク街道
選択

ニーダーザクセン・ミルク街道のボックス型運動畜舎から “ミルクスタンド” まで

いえいえ、ミルキーウェイをヒッチハイクするような大それたことではなく、全長190キロメートルのニーダーザクセン・ミルク街道を、絵のように美しい乾燥高地や低湿地、泥地を通って、“ミルクスタンド” から “ミルクスタンド” へと移動する旅のことです。

健康的な北海の空気とハンザ都市の雰囲気を感じながら、エルベ川沿いの歴史的な地域やクックスラント地方を旅し、酪農の歴史と現状とを ─ できればミルク菓子でも頬張りながら ─ 自転車で見聞きできます (自転車は借りられます)。 ルートは平坦&容易なので、難易度は高くありません。 4つの周回ルート沿いに旅していると、農場が “ミルクスタンド” での休憩やチーズ&ヨーグルトの試食、あるいは別の何か美味しいもので招きます。 子供たちが「ふれあい農場」にいる間に、牛乳についてわくわくするような話や面白い話を聞いたり、仔牛の飼育や酪農家のプロ気質、さらにはホルスタイン種の雌牛からの最高品質の牛乳がテトラパック入るまでの経路について情報を集めて、牛乳学の “学位” を取ってください。 このような素晴らしいサービスにより、どんな都会っ子でも雌牛が (ドイツの有名チョコレートメーカーの広告に出てくるように) 紫色ではないこと、牛乳が最初からテトラパックに入っているわけではないことが理解できます。 早速出発してください。車輪に乗った、悪戯っぽい雌牛のロゴを見つけたら、そこがニーダーザクセン・ミルク街道です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました