ナーエ・ワイン街道
選択

ナーエ・ワイン街道 ─ 良いものは遠くにあるわけではありません

標識が設けられたナーエ・ワイン街道は、ナーエ川の流れに沿って走る、全長130キロメートルのルートです。春の訪れが早くて、夏の終わりが遅く、人も親切なブドウ栽培地域の中を通っています。

もっとナーエ渓谷では、ブドウ畑の道具小屋が風景のアクセントになっています。ここは、ドイツ国内でモーゼルに次ぐ歴史があるブドウ栽培地域です。 ナーエ川沿い広がる、総面積4,500ヘクタールのブドウ畑では、土地が多様性をもたらしています。斑岩や砂岩、粘板岩、風化火山岩、粘土、黄土、ロームが、ワインに様々な特徴を与えているのです。 ここでは、シャルドネやミューラー=トゥルガウ、シルヴァーナー、トラミナーといったブドウ品種の他にも、非常に美しいヴァイス/グラウブルグンダー、そして何より偉大なるリースリングが栽培されています。 ナーエ・ワイン街道は、ブドウ栽培地域の約35の村を結んでいます。これらの村は、試飲コーナーやワイン祭りで、立ち寄るように招きます。 この地域には、歴史を物語る “時代の証人” や自然が美しい場所 ─ たとえば「赤い岩」や近くの自然公園ゾーンヴァルト ─ もあります。 ナーエ渓谷には、エーベルンブルク城をはじめとする多数の城塞や宮殿、修道院、廃墟、ライングラーフェンシュタインの奇岩、濃縮製塩装置が設けられているザリエンタールなど、訪れる価値のある場所がたくさんあります。 ナーエ渓谷では、一年365日誰にとっても、何をしようとも、運動やウェルネス、発見、グルメの正しい “服用量” が見つかるはずです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました