陶磁器街道
選択

陶磁器街道 – 産業遺産と文化、自然の調和のとれた共存

「白い金」を追って、バンベルクからバイロイトに至る、全長550キロメートルの陶磁器街道を旅すれば、300年以上にわたる陶磁器の歴史はもちろん、その特殊な伝統や製造者についても多くのことを発見できます。

陶磁器街道では、バイエルン北東部の魅惑的な風景の他にも、美しいものを多数目にしながら、素晴らしい経験ができます。 利用や成形の点ではどんなものにも引けを取らない、自然な素材を自分で見つけ出してください。 地元の陶磁器の誇らしい過去が再三にわたって姿を現し、博物館や工場直売店、専門店、工房が、この貴重な素材を幅広く紹介しています。 その中には、ゼルトマンやワルキューレ、バウシャー、ゲーベル、フッチェンロイター、ローゼンタールなど、陶磁器の伝統を支えてきた、世界的にも有名なブランドがあります。 陶磁器製品は、工場の直売店でも購入できます。ここには、日常用の食器セットから高価なデザインもの、絵が描かれた一点ものまで、美しい製品がリーズナブルな値段で並んでいます。 多くの製造業者が工場見学を受け付けており、陶磁器の原料から完成まで、たとえば成形や焼成、絵付け、装飾、施釉などの作業を目にできます。 ゼルプ=プレースベルクのヨーロッパ磁器産業博物館では、詳細な知識を得ることができます。 多くの博物館が、文化史上の成果である陶磁器を、その起源から21世紀のライフスタイル製品に至るまで紹介しています。 陶磁器のように個性豊かで、魅力的な中級山地の風景の中、バイエルン陶磁器街道に沿って、堅実な美術工芸品や上品なデザイン製品を目にできます。 このルートは、オートバイやキャンピングカーでの旅にもぴったりです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました