ロイス侯爵街道
選択

ロイス侯爵街道 ─ ロイス家の領地で王侯のような楽しみ

ロイス侯爵街道は、バート・ローベンシュタインからバート・ケストリッツへと続く、全長約110キロメートルの文化史ルートで、かつてこの地に居住していたロイス伯爵家とその先祖 ─ ヴァイダとゲーラ、プラウエンの代官 ─ の領地を通るものです。

元々は皇帝の代官だったロイス家は、後に領主になり、さらには伯爵となりました。まず本家筋が1778年に帝国侯爵に叙せられ、後に分家筋も異なる時代に同様の地位に上りました。多数の家系 ─ そのほとんどはすでに絶えています ─ と共にチューリンゲンのフォークトラント地方を支配していた本家筋は、今日なお貴族として存続しています。 ロイス家は、中世代官から領主に出世して、自らの国を統治するに至った、ドイツで唯一の王侯一族です。 この街道沿いで見学できる、多数の歴史的な観光スポットが狭い地域に密集しているのは、ロイス家の領地が小さかったからです。 今日なお、この地域では素晴らしい建築物のある都市や村を目にできます。 城塞や宮殿、博物館が、この地域の歴史的なルーツを包括的に示しています。 ロイス侯爵街道は、ルート全体がテューリンゲン・フォークトラント地方の中にあり、文化的な観光名所 ─ ミルデンフルト修道院やヴァイダのオスターブルク城、グライツの上宮殿と下宮殿、シュライツのデューデン博物館とベルク教会、ゲーラのファン・デァ・フェルデ邸宅と素晴らしいアールデコ・コレクション、ブルク城など ─ の他に、多彩で魅力的な風景 ─ テューリンゲンの粘板岩山地、高山を伴う丘陵地帯、ザーレ川の深い渓谷、ヴィゼンタ川、ヴァイダの町、ヴァイセ・エルスター川とそのダムなど ─ も目にできます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました