パウルス教会
パウルス教会 ©KTG Karlsruhe Tourismus GmbH/Projektbüro Straße der Demokratie
観光街道を選択
民主主義の道

ドイツにおける民主主義のルーツへ ─ フランス革命から現代まで

民主主義の道は、ドイツが現在の国家形態に至るまでの歴史的な道のりを、500キロメートル以上にわたって辿る、ドイツ西南部の文化体験街道です。フランクフルト・アム・マインとバーゼル近郊レラッハの間で、自由を追求する運動の足跡 ─ フランス革命から3月革命前夜 (1815~1848年) を経て現在まで ─ を、具体的に確認できます。

ドイツにおける民主主義は、その始まりとされる1848/49年以来、決して平坦な道を歩んできたわけではありません。民主主義の道を特徴づけているのは、何らかの関係がある場所ではなく、ドイツの民主主義における揺籃の地です。ドイツ西南部で始まった運動は、20世紀に入ってドイツ連邦共和国基本法が採択され、ようやく完結しました。

決して平坦な道ではありませんでした

それは、障害物や断絶を伴う道であり、ドイツにおける初期の民主主義者たちには、苦い経験も満足感に浸る瞬間もあったのです。ドイツ民主主義との関連で人々の記憶に残る出来事としては、女性も多数招待されたハムバッハ大会 (1832年5月) やバーデン憲法、フランクフルトのパウルス教会で開催された国民議会が挙げられるでしょうし、マインツのユンゲラー・ダールベルガー・ホーフは、1850年の大逆罪裁判の “現場” となった場所であり、それ以上の存在でもありました。さらに、フリードリヒ・ヘッカーやグスタフ・シュトルーヴェ、カール・ドライス、フランツ・ジーゲル、フィリップ・J・ジーベンプファイファーといった憲法の擁護者たちが、生命を賭して闘ったのです。

歴史的事件の現場と記念館、ミュージアム

民主主義の道を進むと、ドイツにおける民主主義のルーツへと旅することになります。スリリングなエピソードや傑出した人物、分岐点となった場所を発見して、感動的な物語や革命の歌を耳にし、ドイツと民主主義、自由への困難な道のりについて学ぶことになるのです。

食事と飲物、民主主義的な思想

当時の革命家たちも、美味しいワインや喉越しの良いビール、地元で評判の料理を諦めることができず、自分たちで調達していました。この結果、食堂や宿泊所が ─ 今日もそうであるように ─ 彼らのお気に入りの集会所になったのです。

民主主義の道

全長:約550 km

テーマ:ドイツにおける民主主義の歴史と自由

見どころ:
フランクフルト: パウルス教会
カールスルーエ: 民主主義の歴史、連邦裁判所
レラッハ: 国境都市、3国博物館
マンハイム: 宮殿、労働者による民主主義運動の発祥地
ノイシュタット/ワイン街道: 宮殿、ハムバッハ大会
オッフェンブルク: オッフェンブルク=ザルメン地区ガイドツアー
フィリップスブルク: 歴史的レストラン「ツム・ヴァインベルク」と「ツム・アインホルン」
ラシュタット: 連邦要塞、宮殿、記念碑
ジンスハイム: フランツ・ジーゲルの出生地、歴史的な レストラン「ツム・シュヴァルツェン・ベーレン」、博物館

www.strasse-der-demokratie.eu

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: