全く異質な内容の観光街道
ボットロプの “三角錐”
観光街道を選択
産業文化の道

全く異質な内容の観光街道

産業文化の道は、通る人を夢中にさせるような、全長約400キロメートルの周回コースです。エッセンからデュイスブルク、オーバーハウゼン、ゲルゼンキルヒェン、ドルトムントを経て、再びエッセンへ ─ 茶色い標識が、産業文化の “アンカーポイント” 20か所以上へ導きます。中央ビジターセンターが置かれているのは、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている、エッセンのツォルフェライン炭鉱です。

ルール工業地帯の “サプライズ” にようこそ。ヨーロッパ産業遺産の道 (ERIH) の一部になっている、「産業文化の道」の充実した道路交通網を利用して、 “ツール・ド・ルール” をスタートし、ルール地方における産業文化のホットスポットを訪ねてください。途中では、産業記念物の他に、活気のあるカルチャーシーンがサプライズとして登場します。

実物は遙かにエキサイティング

現在のルール地方は、とりわけ産業建築物 ─ 操業停止した工場や稼働中の施設 ─ により、魅力的な存在になっています。そして、これら貴重な産業遺産とルール地方の歴史を紹介しているのが、産業文化の道なのです。この道は50以上のスポットを結んでおり、その中には150年に及ぶ産業史において、独自の文化を育んできた炭鉱も多数含まれます。

ルール地方の神話を体験

スペクタクルなものが、これほどの規模で、これほどまでに密集している地域は他に存在しません。炭鉱が “デザイナーの牙城” になり、産業休閑地が “21世紀の運動公園” に変わる、類い稀なロケーションには、目にできるものだけでなく、体験できるものも数多くあります。たとえば、貯水湖やレヴィアパーク (産業休閑地を利用した公園) でのレクリエーション、ガスタンク内に展示された芸術、炭鉱洗濯室でのダンス、ビール醸造所の歴史、“余暇の王様” サッカー、最新のトレンド・スポーツ……楽しむ機会は無限といえるでしょう。

実際に体験して、魅了されてください

炭鉱やコークス工場、製鋼所が、日中にはインタラクティブな博物館として人々を誘い、夜にはイルミネーションに包まれたファンタジーの世界に姿を変えて、印象的なナイトパノラマを演出し、観るものを酔わせるような魅力を発散します。巨大で奇怪な形をした産業建造物は、とりわけ明け方や夕暮れに、写真撮影に格好のモチーフになります。

かつては旅し、今日は発見する

エッセンのユネスコ世界文化遺産ツォルフェライン炭鉱業遺産群は、ルール地方で最もスペクタクルな場所に数えられます。旅行者は、実際に目にして圧倒され、その美しさから再び訪れることになるのです。産業文化を辿る “アドベンチャー” は、サイクリングと組み合わせることもできます。全長700キロメートルのサイクリングロード網が、エムシャー川やリッペ川、ライン川、ルール川流域の “産業文化のハイライト” へと続いています。

産業文化の道

全長:約400 km

テーマ:産業、文化

見どころ:
ボーフム: 鉄道博物館、ヤールフンデルトハレ、ドイツ鉱山博物館
ドルトムント: ツォレルン炭鉱II/IV、ハンザ・コークス工場、サッカースタジアム
デュイスブルク: 内陸港、ドイツ内陸航行博物館
エッセン: 世界文化遺産ツォルフェライン炭鉱業遺産群、ヴィラ・ヒューゲル、ルール博物館
ゲルゼンキルヒェン: ノルトシュテルン公園、サッカースタジアム
ハーゲン: ホーエンホーフ・ヴェストファーレン野外博物館
ハッティンゲン: ヘンリヒ製鉄所
オーバーハウゼン: ガスタンク、ライン地方産業博物館
ヴァルトロップ: 歴史的な船舶昇降機、ヘンリヘンブルク
ヴィッテン: ナイチンゲール炭鉱、ムッテンタール

www.route-industriekultur.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: