産業文化の道
選択

他の観光街道とは全く異なるルート ─ 産業文化の道

巨大な機械の墓場が世界最大の野外博物館に ─ それが「産業文化の道」のエッセンスです。 400キロメートル以上にもわたる “ツール・ド・ルール” は、ルール地方における産業文化のホット・スポットを通るものです。 ひとつの産業施設からもうひとつ産業施設へ?  実際は、耳にするより遙かにエキサイティングなものなのです。

ルール地方は、とりわけ工業建築物や稼働中の産業施設によって、魅力的な存在になっています。 これら産業文化的に貴重な施設とルール地方の歴史を紹介しているのが、産業文化の道です。 この道は50以上の拠点を結んでいます。その中には、150年にも及ぶ産業史において独自の文化を持ち、現在は別の用途に利用されている炭坑も含まれます。 スペクタクルなものが、これほど多く、これほど密集している場所は他にありません。 炭坑がデザイナーの牙城になり、産業休閑地が21 世紀の運動公園に変わるなど、他に類を見ないロケーションの中、ここには目にできるものだけではなく、体験できるものも数多くあります。 たとえば、人造湖やレヴィアパークでのレクリエーション、ガスタンク内の芸術、炭坑洗濯室でのダンス、醸造所の歴史、“王様” サッカー、最新のトレンド・スポーツ、そして心から楽しめる全てのもの……。 炭坑やコークス工場、製鋼所に設けられた、インタラクティブな博物館が、夜にはイルミネーションに浮かぶファンタジーの世界に変わり、人を酔わせるような魅力がある、印象的なナイトパノラマを生み出します。 奇怪な印象を与える産業文化の “大聖堂” が、とりわけ朝日や夕日の中では、魅力的な写真のモチーフになります。 世界文化遺産ツォルフェライン炭坑は、ルール地方で最もスペクタクルな場所に数えられています。 見学者は体験して、圧倒され、そして再び訪れることになるのです。 クナイペ (ドイツ風居酒屋) やレストランでは、カレーソーセージから高級料理まで、広範囲にわたる料理を食べられますし、いろいろなことを学んだあげく、クンペル (親友・相棒を意味する鉱夫言葉) ができる可能性さえあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました