ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道
選択

真のワイン通と将来そうなりたい人のための巡礼地:ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道

「古城地方」で魅惑的な発泡音を出しているのは、スパークリングワインだけではありません。ドイツ最北のワイン街道である、ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道の約60キロメートルの行程には、とても美しい風景の他に、特別な等級に格付けされたワイン産地があります。

ザーレ=ウンシュトルート地域は、真のワイン通や歴史に興味がある人、中世の建築物を好む人にとって、穴場のような場所です。 城塞や宮殿、堂々たる都市、そして自然豊かな土地 ─ 牧歌的なブドウ畑や急勾配の段々畑、何世紀もの歴史がある石垣、ロマンチックな道具小屋、絵のように美しい渓谷など ─ が、地形的な魅力に溢れるザーレ=ウンシュトルート地域で、貴重なワインを味わいたくなるような雰囲気を創り出しています。 ここ、ヨーロッパ最北のブドウ栽培地では、ブドウ栽培は1000年にもわたって特別な役割を果たしてきました。 トスカナ地方と同じ、年間1,430時間以上の日照時間がブドウを育てています。 環境に優しい栽培方法、そしてブドウ畑やワインセラーでの丁寧で品質を意識した作業から、繊細&フルーティなブーケで、ぴりっとした辛口が特徴のワインが生まれます。 この魅惑的なブドウ栽培地域では、段々畑と石垣、道具小屋、(独特な魅力と美しさがある) ブドウの木のアンサンブルである約680ヘクタールの土地に、30種類のブドウが栽培されています。 40以上のブドウ園とフライブルク・ワイン醸造者協会、州立ブドウ園、ロートケップヒェン=ムム・スパークリングワインセラーは、あらゆる観光客と美食家を、ワイン街道で試飲や食事、滞在するよう招いています。 ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道を探索すると、小さな “ワイン・オアシス” を巡る旅を体験して、「花束とほうき」が掛けられている場所では (幸運にも!) ワインがグラス売りされているのを突き止めることになるでしょう。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました