真のワイン通とその予備軍が目指す “巡礼地”
ビールの秋冬
観光街道を選択
ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道

真のワイン通とその予備軍が目指す “巡礼地”

“古城の州” ザクセン・アンハルトで、魅力的な音を発しているのは、ゼクト (ドイツ産スパークリングワイン) だけではありません!ドイツ最北のワイン街道であるザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道は、ネブラからバート・ケーゼンを経てバート・ズルツァに至る、約60キロメートルのルートで、周囲には非常に美しい風景が広がり、極めて評価の高いワイナリーが存在します。

ザーレ=ウンシュトルート地域は、心からワインを愛する人や歴史に造詣が深い人、中世建造物を好む人の、 “とっておきの場所” といえるでしょう。見事な風景が広がるワイン生産地ザーレ=ウンシュトルートでは、堂々たる城塞やメルヘンさながらの宮殿、魅力的な都市、自然豊かな土地が、貴重なワインを味わいたくなるような雰囲気を醸し出しているのです。この地域を特徴づけているものとしては、牧歌的なブドウ畑や急勾配の段々畑、何世紀もの歴史を伝える石垣、素敵な道具小屋、絵のように美しい渓谷などが挙げられます。

また来たくなるような、素晴らしい土地

このあたりはヨーロッパ最北のブドウ栽培地であり、1000年余りにわたってワインが特別な役割を果たしてきました。ここでは、トスカナ地方に匹敵する、年間1430時間以上の日照時間がブドウを育んでいるのです。環境に優しい栽培方法、そしてブドウ畑やワインセラーでの丁寧かつ品質を重視した作業から、繊細&フルーティなブーケで、ぴりっとした辛口が特徴のワインが生まれます。

土地が見せるパフォーマンス

この地域では、総面積700ヘクタール以上の土地に、30種類ものブドウが栽培され、段々畑と石垣、道具小屋、ブドウの木が一体となって、独特の魅力と美しさを漂わせています。そして、40以上のブドウ園とフライブルク・ワイン醸造者協会、州立ワイナリー、ロートケップヒェン=ムム・ゼクト醸造所が、ワイン街道上での試飲や食事、滞在に、観光客とグルメたちを招いているのです。

ザーレ=ウンシュトルート ─ 何かを約束するような地名

このルートを辿って、ザーレ川とウンシュトルート川の両岸を旅するのは、 “小さなワイン・オアシスの訪問” といった趣がありますし、「花束とほうき」が出ている建物では (幸運なことに!) ワインがグラス売りされていることを、すぐに突き止めることでしょう。ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道では、徒歩や自転車、ボート、自動車など、様々なスタイルで旅を楽しむことができます。

ザーレ=ウンシュトルート・ワイン街道

全長:約60 km

テーマ:ワイン、歴史、文化

見どころ:
バート・ケーゼン: 濃縮製塩装置、シュールプフォルタ修道院、ルーデルスブルク城
バート・ズルツァ: ゾンネンブルク城、トスカナ浴場
フライブルク: ノイエンブルク宮殿、ロートケプヒェン・ゼクト醸造所
ラウハ: 市庁舎、鐘博物館
ナウムブルク: 大聖堂、旧市街
ネブラ: 箱舟、ウンシュトルート峡谷
ヴィッツェンブルク: 宮殿、高所ロープガーデン

www.saale-unstrut-tourismus.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: