ザール=プファルツ・バロック街道
選択

ザール=プファルツ・バロック街道 ─ ザール地方とプファルツ地方の間で、バロック的な生の喜びを

全長約100キロメートルのザール=プファルツ・バロック街道は、1650年から1800年までのバロック時代をテーマとした体験ルートで、かつての侯爵や公爵、伯爵の建築物を結んでいます。 豪華なレジデンツと素晴らしい芸術作品 ─ 18世紀の建築家や芸術家が、 この地で本当に素晴らしいものを創り出しました。

ドイツ・フランス国境地帯を通る “発見の旅” では、目にするものに驚くことでしょう。 4つのレジデンツ都市 ─ オットヴァイラーとツヴァイブリュッケン、ブリースカステル、ザールブリュッケン ─ と互いに近隣する3つの領主城館 ─ ナッサウ=ザールブリュッケン侯爵とプファルツ=ツヴァイブリュッケン公爵、ライエン伯爵の城館 ─ が、この体験ルートの軸となっています。 その間には、今日ではハイソな音楽や芸術、グルメの舞台として利用されている、バロック時代の重要建築物が多数あります。 “歴史的な” 彫像に導かれて、あるいは自分の判断で……ザール=プファルツ・バロック街道では、有名なバロック建築家フリードリヒ・ヨアヒム・シュテンゲルによるセンセーショナルな建築物の数々を目にしたり、豪華な宮殿や教会、かつての猟区&狩猟館、貴族たちの軽快なバロック庭園芸術、さらには (これらの場所に相応しい) 見事な料理を見つけられるのです。 バロック街道は、隠れた財宝に目を開き、歴史の意義や見えない理念に感覚を研ぎ澄ますような、ファンタジーのルートです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました