テューリンゲン古城街道
選択

テューリンゲンの古城のささやき─ テューリンゲン古城街道

ロマンチックなものにしろ壮大なものにしろ、城は常に魅力的です。 テューリンゲンで城を目にしたいなら、道はただひとつ ─ テューリンゲン古城街道です!  この街道は、コーブルクからキフホイザーに至る約900キロメートルの行程で、主要な城塞を結びつけ、素晴らしい眺めとスリリングなタイムトラベルを提供しています。

テューリンゲンという文化地域の中には、民族大移動から近代までに建造されて現在まで残っている、様々な時代の城塞が多数たたずんでいるのです。 先史・原始時代の防塁、中世盛期の城塞と皇帝居城、中世後期の領主居城が、この地域の景観を特徴づけています。 ものによっては1000年以上の歴史があるこれら建造物は、歴史的な出来事の舞台であり、著名な人物の “仕事場” でした。 ゲーテの “夢の家” は、1067年にアイゼナッハを見下ろす高台の上に建造されたヴァルトブルク城 (ユネスコ世界文化遺産) でした。ここでは、1521-1522年にマルティン・ルターが、新約聖書をギリシャ語からドイツ語に翻訳しています。 テューリンゲン古城街道は、中世を称える “証人” として、多数の城塞を紹介しています。たとえば、ワイマールの堅牢な砦、コーブルクの要塞、ヴェラタールのクロイツブルク城、中世の城塞アンサンブル「3つ同じ」、12 世紀に建造され、現在はエアフルト市立博物館の別館になっているカペレンドルフ水城、キューンドルフの聖ヨハネ騎士団の城 (この宗教騎士団のものとしては唯一現存する城)、バート・フランケンハイム近郊のキフホイザー山地東端にあり、かつては全長600メートルもあった帝国城塞キフホイザー、ヴェッティナー家が重要な役割を果たしたカーラ近郊ロイヒテンブルク城、古い遠距離交易・聖地巡礼の道「銅の道」の傍、リープシュテットにあるドイツ騎士団の城 (ヨーロッパに現存する唯一の通過城塞)、そしてヴァイセンゼー城/ルンネブルク城などです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました