オーバーシュヴァーベン・バロック街道
選択

オーバーシュヴァーベン・バロック街道:バロックの天国で天使を探して

バロック様式の華麗さに感嘆しながら、素晴らしい風景も堪能できる ─ ドナウ河畔のウルムからボーデン湖畔のフリードリヒスハーフェンまで、全長約500キロメートルのオーバーシュヴァーベン・バロック街道では、文化と自然が独特な形で出会っています。

街道の標識 ─ 緑地に黄色で童子の頭部が描かれたもの ─ をたどるドライブは、感覚的な喜びになります。 ここでは “バロック様式の天国” が見つかるのです! 何と贅沢で豪華なイメージなのでしょう! 天使の像が光の満ちあふれたドームの中に浮かび、真っ白な化粧漆喰と金色は目を眩ますほどで、天井のフレスコ画がギリシャの神々の国などへと誘惑する……。教会は巨像のような姿をし、像や十字架を頂いた、弓形の切り妻を備えるなど、外側にさえ華麗な装飾が施されています。 内部でも、色彩とフォルムの豊かさに圧倒されます。丸々とした童子像と祝福する天使、そして聖人が、華やかな金色と輝かしい豪華さの間で、教会身廊の光景に決定的に影響を与えています。 これら感覚的に喜ばしい装飾の全ては、かつてヨーロッパにセンセーションを巻き起こした様式 ─ バロック様式 ─ のための、芸術史上の表現方法なのです。 豪奢な修道院図書館、歴史のある僧院、魅力的な教会 ─ いずれも豊かな装飾が施された、個性的な建築物です。 バロック時代の修道院は、自らの権力を豪華なもので象徴しようとする点で、他に抜きんでていました。 夥しいフォルムと活き活きとした色彩で、天国を地上に引き寄せた建築様式 ─ それこそが、ここでのみ目にできるようなバロック様式なのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました