ヴェストファーレン水車・風車街道
選択

今なお風が車翼を回している場所で:ヴェストファーレン水車・風車街道

ロマンチックな水車や風車に触れて、理解する。全長約320キロメートルで、標識が設けられた水車・風車街道をガイド代わりにして、ヴェストファーレン地方の北端部にある、隠れた宝物のような水車や風車を訪ねてみてください。

ヴェストファーレン水車・風車街道は、風や水、馬を動力源とする43の製粉施設や水車船を結ぶ、ユニークな博物館のようなルートです。これら製粉施設のほとんどは現在でも使用できますし、ヴェーザー川のミンデン近郊にある水車船は、今でも穀物を碾けるドイツで唯一のものです。この地域では、水車や風車がノスタルジックな雰囲気を醸し出し、牧歌的な風景と相まって、特徴のある景観を創りだしています。また、人気がある「製粉&パン焼きの日」などによって、様々な製粉関連の手作業を目にできます。専門知識のあるアマチュア製粉職人や伝統を重んじる農婦が、どのように穀物を碾いて、どのように栄養のあるパンを竈で焼くか実演してくれるのです。これらの施設では、パン用の小麦粉だけでなく、すでにハンザ同盟時代に有名だったミンデン・ビール用の麦芽も製粉されています。古い製粉施設やパン焼き小屋の他にも、多数の文化遺産があります。たとえば、興味深い博物館や芸術家のアトリエ、典型的な菜園を備える大農場、そして “田舎浴場” による250年以上もの入浴の伝統などです。鉄道や自転車の旅と組み合わせて、スクーターで水車・風車をピンポイントで、幌馬車でのんびりと、あるいは観光船やノスタルジックな列車で旅してください。 “水車・風車ラリー” さながらに、急いで全施設を回ろうとするのだけは止めてください。1000年以上の歴史に基づいたルートなのですから、十分に時間を取って欲しいのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました