ゴルト・シュタイク
ハイキングに関する選択
Walking in Germany

Quality-certified trails and regional tours

ゴルト・シュタイク: “バイエルンの宝物殿” を通って、かつての塩取引の道をハイキング

かつて「白い金」と呼ばれた塩は、ドナウ川からボヘミア地方まで、通商路を介して運ばれていました。 今日ゴルト・シュタイク ─ ゴルトは「金」の、シュタイクは「細い山道」の意 ─ は、ひとつの国立公園と5つの自然公園を通っています。

ゴルト・シュタイクでは、フィヒテル山地の周辺部から、シュタインヴァルトの稜線部に登った後、風光明媚なヴァイセンシュタイン城址へ下り、フリーデンフェルツへと向かいます。 堅固な城ファルケンベルクへの道は、「千の池」に囲まれています。次のステージでは、時に緩やかで時に険しいヴァルトナープ渓谷が、フリントグラスの町ノイシュタットまで続いています。 ゴルト・シュタイクは、オーバーヴィヒタッハのすぐ後で、同じくらい魅力的な2つのバリエーションルートに分かれます。 体力に自信があるなら「山岳ルート」をお選びください、フルト・イム・ヴァルトの傍を通って、グローサー・アルバーに登り、バイエルンの森国立公園を抜けるルートです。 南側のルートは、プレラーやヒルシェンシュタイン、ブロートヤックルリーゲルから、魅力的なアルプス・パノラマを楽しめる “1階下の道” で、最後はやはり3河川の都市パッサウに達します。 ゴルト・シュタイクがオーバープファルツ地方にかかると、“ツォイグル” の主人が、わずかな地域でしか醸造されていない下面発酵ビールとたっぶりとした間食で、ハイカーを迎えてくれます。

おすすめ

ヴァイセンシュタイン城址
13世紀に初めて記録に現れたヴァイセンシュタイン城は、 1992年から修復と考古学的調査がなされています。 望楼は、大胆な造りの階段を苦労して登ることになりますが、周辺地域への広いパノラマを楽しむことができます。

コース概要:

起点: マルクトレドヴィッツ Marktredwitz
終点:パッサウ
距離: 660 km
ステージ数: 23
標高差 (近似値): 上り 18,000 m、下り 18,200 m
路面状況: 47%自然道、15%アスファルト舗装道、38%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました