メルキッシャー・ラントヴェーク
ハイキングに関する選択
Walking in Germany

Quality-certified trails and regional tours

メルキッシャー・ラントヴェーク:田舎道沿いの公園と湖沼

静寂を聞く。 森の香りを嗅ぐ。 肌に風を感じる。 魔法にかけられたような集落を探索する。 ミサゴが空に輪を描くのを見る。 道端の果実を味わう。 あらゆる感覚を楽しませる。 それがウッカーマルク地方。 一歩一歩。

ウッカーマルク地方は、ブランデンブルク州の一地方で、ドイツの北東部、ポーランドとの国境近くにあります。 メルキッシャー・ラントヴェーク (辺境伯領の田舎道) のハイキングは、フェルトベルク湖沼地帯自然公園の中にある、フェルトベルクで始まります。 この地方で最も高い場所は、ハウス湖の北のライエンベルク山で、標高は143メートルです。この他に、素晴らしい展望や遠望を楽しめる丘陵がいくつもあります。 よく知っている人は、フェルトベルク湖沼地帯を高く評価します。 湖岸が小高くなっており、一部森に覆われた起伏の多い土地に囲まれ、素晴らしい水質で、まるでフィヨルドのような……。 ここは、あらゆる種類のウォータースポーツにとって、パラダイスのような場所です。そして、どうしても水に目が向きます。メルキッシャー・ラントヴェークの特に前半部は、湖沼が風景を特徴づけているのです。 天国に登るようですって? 天国といえば、リヘン近郊のヒンメルスプフォルト (天国の門) 修道院では、かつて性的に不道徳な僧を収容していました。 この人の少ない地域を歩いていると、別の時代に紛れ込んでしまったような感じがします。ときおり羊の群れを連れた羊飼いに出会い、かつての炭焼き村に突き当たるような場所なのです。 テンプリン湖沼群を過ぎると、湖沼地域から、ウッカーマルク地方の深閑とした森林地帯にかわります。 ところが今度は、氷河期に形成されたリネン湖沼群が現れ、さらに沼地の原生林に取って代わられます。 メルキッシャー・ラントヴェークは、河川低湿地帯が完全な形で残る、ヨーロッパ最後の地域とされる、オーデルタール下流国立公園も通っています。 この国立公園は「水鳥の楽園」で、毎年9月には多数のツルが集まります。

おすすめ

緑の中の小教会、アルト=プラハト
リヘンとテンプリンの間の道端に “宝石” が現れます。 広く張り出したシナノキの老木に囲まれて、アルト=プラハトの「緑の中の小教会」が現れるのです。 1700年建設の農場付属礼拝堂は、1989年には倒壊寸前の状態でした。 しかし、1990年に後援協会が設立されて、救済されたのです。

コース概要:

起点: フェルトベルク Feldberg
終点: メシェリン Mescherin
距離: 220 km
ステージ数: 10
標高差 (近似値): 上り 2,000 m、下り 2,000 m
路面状況: 70.5%自然道、17.9%アスファルト舗装道、11.6%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました