メーデバッハ山岳道

メーデバッハ山岳道:ヨーロッパ鳥類保護区を通って “ザウアーラント地方のトスカナ” へ

メーデバッハ山岳道は、ヨーロッパ鳥類保護区「メーデバッハ平地」を通ります。 この地域は、起伏の多い地形と日照時間の長さから “ザウアーラント地方のトスカナ” とも呼ばれています。

風景の美しさは、多様性からくるものです。このルートでは、花咲き乱れる草原や牧場、山岳原野、エニシダの生えた丘、野原、茂みなどが代わる代わる現れるのです。 これら全てが、心地よい暖かさがあり、比較的乾燥した気候と相まっています。 セアカモズやシジミチョウといった珍しい鳥や昆虫が、この地方を好むのも不思議ではありません。 さらに、ナベコウやウズラ、ヨーロッパヤマウズラなども生息しています。 鳥類に興味がある人なら、ヨーロッパ鳥類保護区「メーデバッハ平地」を通る、このハイキングロードにすっかり満足するはずです。 と同時にメーデバッハ山岳道には、グリンスフェルト修道院の歴史的な痕跡をたどって、ザウアーラント地方東部の無垢な渓谷を、蛇行するように進む区間もあります。 修道院の留 (ステーション) の22の内の18か所は、ハイキング中に目にできます。これらの留では、何らかの出来事があった場所に立てられた、カラフルな札が、数百年にも及ぶ修道院と地域との相互関係を具体的に紹介しています。 メーデバッハ山岳道は、ザウアーラント山岳ハイキングパーク内にあります。

おすすめ

歴史的なフレーゼンホーフ、ティトマーリングハウゼン
歴史的なフレーゼンホーフ (1708年) と納屋 (1658年) は、ホーホザウアーラント地方で最も美しい木組みの家に数えられています。

コース概要:

起点と終点: メーデバッハ Medebach
距離: 64 km
ステージ数: 4
標高差 (近似値): 上り 3,000 m、下り 3,000 m
路面状況: 40%自然道、20%アスファルト舗装道、40%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました