画家の道

画家の道 ─ ロマン派の画家たちの足跡をたどって、ザクセン・スイスを歩く

ドレスデンの南に広がる、エルベ砂岩山地のスペクタクルな風景が、「画家の道」の舞台背景になっています。 そこでは、カスパー=ダヴィット・フリードリヒの足跡をたどって、切り立った岩壁や山峡を通ることになります。

おすすめ

バスタイ
バスタイは、ザクセン・スイスで最も有名な場所です。すでにカスパー=ダヴィット・フリードリヒが、ここからインスピレーションを得ています。 エルベ川を見下ろすように聳え、ボヘミア地方のローゼンベルク山まで達する絶景を提供しています。 ここでは、注目に値する自然スポットが、極めて狭い範囲に多数集まっています。

コース概要:

起点: リーベ渓谷 Liebethal
終点: ピルナ Pirna
距離: 112 km
ステージ数: 8
標高差 (近似値): 上り 6,700 m、下り 6,700 m
路面状況: 78%自然道、6%アスファルト舗装道、16%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました