レンシュタイク

レンシュタイク:ドイツ最古の長距離ハイキングロード

レンシュタイク (シュタイクは「細い山道」の意) は、数百年前から交易・情報伝達路として利用されて来ました。 1330年に初めて記録に現れ、ドイツの東西分割によって40年間通行できませんでしたが、神話は生き続けていたのです。

おすすめ

アイゼナハのヴァルトブルク城 1999年に世界文化遺産登録。
ミンネゼンガー (中世の宮廷恋愛叙情歌人) の歌合戦、聖エリザベートの生涯と業績、マルティン・ルターによる新約聖書のドイツ語翻訳などを伝える、ドイツの歴史と文化における “時代の証人” であり、ドイツ学生組合の大会が開かれた場所であり、ワーグナーのオペラ『タンホイザー』の舞台でもあります。

コース概要:

起点: ヘルシェル Hörschel
終点: ブランケンシュタイン Blankenstein
距離: 168.3 km
ステージ数: 6
標高差 (近似値): 上り 5,000 m、下り 4,800 m
路面状況: 51%自然道、7%アスファルト舗装道、42%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました