ロートハール・シュタイク

ロートハール・シュタイク:ロートハール山地における感覚の道

ロートハール・シュタイク (シュタイクは「細い山道」の意) は、ロートハール山地の手つかずの尾根を通る、自然に密着したハイキング体験を約束します。 ルール川やエーダー川、ジーク川、ラーン川、ディル川の源流や「ブルッフハウゼン岩」により、このルートには自然体験の要素があります。

おすすめ

ボルベルク・キルヒホーフ
ボルベルク山 (669メートル) が張り出しているところに、中世初期の防御城塞と (その北側に設けられた) 環状防塁が発見されました。 城門のひとつは復元されています。 ボルベルクは、中世初期に宗教的な尊敬を集めた場所で、今日でも巡礼地として人気があります。

コース概要

起点: ブリーロン Brilon
終点: ディレンブルク Dillenburg
距離: 154 km
ステージ数: 8
標高差 (近似値): 上り 6,200 m、下り 6,400 m
路面状況: 43%自然道、15%アスファルト舗装道、42%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました