ヴェストヴェーク
ハイキングに関する選択
Walking in Germany

Quality-certified trails and regional tours

ヴェストヴェーク:ドイツで最も高い中級山岳地帯で山地縦走

バーデン・ヴュルテンベルク南西部を通るヴェストヴェークは、標高差が12,000メートルもあるルートです。黒い森ならではの牧歌的風景が広がり、ハイカーを誘うような素晴らしい飲食店もあります。

バーデン・ヴュルテンベルク州南西部に位置する黒い森は、ドイツで最も大きく、最も高い中級山岳地帯です。 ヴェストヴェーク (「西ルート」ぐらいの意味) は、黒い森の北端に位置する「黄金の町」プフォルツハイムでスタートし、285キロメートル離れたスイス領バーゼルで終わります。 黒い森の典型的な地形を、全て通過するルートです。まずは、神秘的な高地湿原で幕が開けます。 ヴェストヴェークは、ムルク川の深く切れ込んだ渓谷を下って、シュヴァルツェンバッハ貯水湖へ登り、北部のヴァルト山地を越えて、シュヴァルツヴァルト高山道や黒い森北部の山頂へと続いています。 キンツィヒ渓谷へ下るあたりから、黒い森中部の緩やかな地形が始まります。 ここからヴェストヴェークは、牧草地や渓谷沿いに進み、連山が弧を描いているあたりを越えて、黒い森の高地に達します。ちなみに、この連山の近くには「ヨーロッパの分水嶺」とも呼ばれる、黒海と北海の分水嶺があります。 ヴェストヴェークは、ティティ湖のところで分岐します。東ルートは、ヘルツォーゲンホルン山とホーホコプフ山を越えるものです。西側のルートは、フェルトベルク山やベルヒェン山といった、ドイツの中級山岳地帯で最も高い山々を通ります。 どちらのルートを選んでも、「山頂コレクション」を増やし、ヴェストヴェーク体験に満足しながら、バーゼルに歩を進めることになります。

おすすめ

フェルトベルク山は、標高が1,493メートルある、ドイツの中級山岳地帯で最も高い山です。 ドイツで最も広く、最も古い自然保護区の中にあります。 自然に囲まれたフェルトベルク山では、息を呑むような眺望を堪能できます。

ルートの概要:

起点: プフォルツハイム Pforzheim
終点: バーゼル Basel
距離: 280 km
ステージ数: 11
標高差 (近似値): 上り 17,100 m、下り 17,100 m
路面状況: 40%自然道、13%アスファルト舗装道、47%その他 (砂利道など)

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました