Leipzig, Goethe-Statue vor der Alten Börse auf dem Naschmarkt ©Getty Images/Werner Dietrich

ライプツィヒ - ゲーテの 大学町

千年の伝統を守るライプツィヒは、今、いつにもまして生き生きとしている!ファウスト創作の着想を得たゲーテが大学に通った町の文化ハイライト、コーヒーハウス文化、多彩なクリエイティブなサブカルチャーを体験しよう。

もっと

ライプツィヒで歴史と現代、文化と自然を体験できる。印象深い長い歴史のなかでライプツィヒは、見本市の町、音楽の町、あるいは1989年の平和革命により英雄の町といった異名を持つ。

音楽の町ライプツィヒ

世界最高峰のオーケストラのひとつゲヴァントハウス管弦楽団やオペラ・ライプツィヒ、世界的なトマス教会合唱団が、音楽の輝を放っている。ドイツの隠れた音楽の首都と呼ばれるまでにライプツィヒの名声を高めたヨハン・セバスティアン・バッハやフェーリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ、ロベルト・シューマン、リヒャルト・ワーグナーといった作曲家の足跡を訪ねてみよう。

ライプツィヒの楽譜の道

ライプツィヒの博物館は、音楽家の生涯と業績を工夫を凝らしてでいきいきと伝えている。ライプツィヒには音楽の道というルートがある:一周5㎞のルートは、メンデルスゾーン・ハウスやバッハ博物館などライプツィヒの音楽史に関係ある23のオリジナルのスポットを結んでいる。

ライプツィヒの音楽イベント

夏には野外で多くのフェスティバルが開催される。毎年恒例のバッハ音楽祭の開幕コンサートであるマルクト広場のバッハモスフェーレ、あるいはゲヴァントハウス管弦楽団が出演するオープンエア・コンサートの「クラシック・エアレーベン」は、他では得られない体験となる。

ライプツィヒのナイトライフ

ライプツィヒは若々しくクリエイティブだ。旧紡績工場シュピネライやクンスト・クラフトヴェルクといった躍動するカルチャー発信スポットを訪れよう。たくさんのクラブやトレンディなバーがあり、忘れがたいナイトライフを味わえる。グルメにはアウアーバッハスケラーのような伝統あるレストラン、あるいはライプツィヒ市街360度を見晴らせるモダンなパノラマ・レストランなど多くの選択肢がる。

ゲーテさんとコーヒーを

ライプツィヒは1695年に始まるコーヒーハウス文化を誇っている:有名なところでは、ドイツ最古のコーヒーハウスでゲーテお気に入りの「ツーム・アラービッシェン・コフェ・バウム(アラビアコーヒー亭)」や「カフェーハウス・リケ」、「カフェ・カンドラー」が挙げられる。旧市街の独特なパッサージュと呼ばれるモールは、ショッピングや散策によい。

weniger
Dem jungen Goethe gewidmete Statue auf dem Leipziger Naschmarkt
Das Goethe-Denkmal am Naschmarkt ©LTM-Schmidt

ナッシュマルクトのゲーテ像

「わが町ライプツィヒを褒め称えん!小パリのごとく人々を教え導く町」の一文がゲーテの『ファウスト』に見える。ライプツィヒで若きゲーテは戯曲『ファウスト』のモチーフに出会う。

ドイツで最も有名な詩人を称えて、メードラー・パッサージュの入口とアウアーバッハスケラー向かい側のナッシュマルクト広場にゲーテ像が建てられた。この記念碑は詩人ゲーテの生涯の一場面を伝えている:詩作にふけったローゼンタール公園を出て、アウアーバッハスケラー酒場に向かうためナッシュマルクトに足を踏み入れた場面である。

1903年に建てられたゲーテ像にはケートヒェン・シェーンコプフのレリーフ像も見られる。アンナ・カタリーナ“ケートヒェン”シェーンコプフは、ゲーテが熱を上げた食堂の娘であった。彼女との愛についてゲーテは沢山の愛の詩を書き、それは詩集「アネッテ」としてまとめられ、ゲーテのデビュー作となった。

Ansicht des Grossen Kellers des berühmten Restaurants Auerbachs Keller
アウアーバッハスケラー ゲーテが好んだかつての学生酒場
Ansicht des Grossen Kellers des berühmten Restaurants Auerbachs Keller
Blick vom Haupteingang in den Großen Kellers ©Auerbachs Keller

アウアーバッハスケラー ゲーテが好んだかつての学生酒場

「ライプツィヒの見本市を訪れながらアウアーバッハの店を訪れないものは、口をつぐむことになる、なぜならライプツィヒを見ていないからだ」

メードラー・パッサージュのアウアーバッハスケラーはライプツィヒで最も有名な伝統あるレストランで、世界的名声を博している。入口にはメフィストとファウスト、それに酔いどれの学生の二つの彫像グループがあり、ゲーテの最も有名な作品を示している。

ファウスト1部の「アウアーバッハスケラー」の場面により、このレストランはいつまでも残る文学記念物となった。

アウアーバッハ出身の医師で大学教授のハインリッヒ・シュトローマーは、1525年に自宅のワインセラーに学生のためにワイン酒場を開いた。ゲーテもよく通い、2枚の古いファウストの絵から自分のファウスト創作のインスピレーションを得た。1912年に造られた「大地下レストラン」では昔ながらのザクセン料理が食べられる。「歴史的ワイン酒場」には16世紀から19世紀に造られ入念に修復された4つの部屋があり、その一つはゲーテ・セラーである。

Figuren über dem Eingang zum Kaffeehaus "Zum Arabischen Coffe Baum"
カフェレストラン「ツーム・アラービッシェン・コフェ・バウム」
Figuren über dem Eingang zum Kaffeehaus "Zum Arabischen Coffe Baum"
Portal des ältesten Kaffeehauses Deutschlands "Zum Arabischen Coffe Baum" ©LTM-Schmidt

カフェレストラン「ツーム・アラービッシェン・コフェ・バウム」

レストランとカフェ、そして博物館でもあり、継続的に営業してきたカフェレストランとしてはドイツでもっとも古い。ゲーテもよくここ立ち寄った。

店について1694年にはじめて記録に登場し、時とともに著名な人物が訪れるようになった。ゲーテ以外にも例えばリヒャルト・ワーグナーやロベルト・シューマンも頻繁に来ていた。

3階のコーヒー博物館では15の部屋で300年のザクセンのコーヒー文化史に関する選りすぐった展示物が並ぶ。店の玄関の上にある砂岩でできた彫刻は有名。大きなコーヒーポットを持つオスマン人が、アモルに一杯のコーヒーを差し出している。この彫刻はキリスト教の欧州とイスラム教のオリエントとの出会いを象徴している。

Das Gemälde zeigt Mori Ôgai bei seinem Besuch im Auerbachs Keller 1885
日本のファウスト翻訳者森鴎外
Das Gemälde zeigt Mori Ôgai bei seinem Besuch im Auerbachs Keller 1885
Mori Ôgai im Auerbachs Keller ©Kunstmann-Auerbachs Keller

日本のファウスト翻訳者森鴎外

アウアーバッハスケラーの一枚の絵は、日本人のファウスト翻訳者森鴎外を描いている。

「森鴎外、アウアーバッハスケラーにおける1885年12月27日」と説明のついた絵は、ライプツィヒのアウアーバッハスケラーを訪ねたファウスト翻訳者にささげられた絵で、ファウストとメフィストフェレスも客として描かれている。

軍医であった森鴎外は、友人井上哲次郎とともにアウアーバッハスケラーを訪れた。このときにゲーテのファウストを日本語に訳そうという考えが生まれた。1913年に出版された翻訳は、今日でも最高の翻訳とされている。

Aussenansicht Paulinum der Universität Leipzig
ライプツィヒ大学 ゲーテのアルマ・マータ
Aussenansicht Paulinum der Universität Leipzig
Paulinum der Universität Leipzig ©Randy Kuehn

ライプツィヒ大学 ゲーテのアルマ・マータ

父ヨハン・カスパール・ゲーテの強いすすめで若きゲーテは、1765年から1768年までライプツィヒ大学で法律を学んだ。新装なったゲーテの母校を訪れてみよう。

ライプツィヒ大学(アルマ・マータ・リプシエンシス)は、欧州で最も古い大学のひとつで、独特な建物の形だけでも見る価値がある。ゲッチンゲン大学で古典語、歴史、文学を勉強したいという望みはかなえられなかったので、ゲーテはライプツィヒでは自分の好きなことをすることにした。大学講義への興味はすぐに薄れた。合理主義の詩論の影響を受けて自信を失い、詩人になるよりは造形芸術に向いていると突然感じた。そこでライプツィヒ芸術アカデミーの追加の科目を勉強することにし、アダム・フリードリッヒ・エーザーのもとでデッサンを学んだ。

Leipzig - Handwerkskunst auf dem Weihnachtsmarkt
Germany.travel
ライプツィヒのクリスマスマーケット

Germany.travel
ライプツィヒのクリスマスマーケット

ライプツィヒ

Mehr zu sightseeing in ライプツィヒ

Discover Events in ライプツィヒ

Kontakt

Leipzig Tourismus und Marketing GmbH
Tourist-Information
Katharinenstraße 8
D-04109 Leipzig

Tel./Fax.: +49 (0) 341 7104 260
www.leipzig.travel