Wartburg bei Eisenach ©DZT/Wartburg-Stiftung (Bildarchiv Monheim GmbH)

アイゼナッハ - ヴァルトブルクの町

「この辺りは超すばらしい」とゲーテはヴァルトブルクからシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人に手紙を書いた。そのすばらしさは今も何も変わっていない。世界文化と世界史と魅力的な風景がひとつになるヴァルトブルクの感動を体験してみませんか。

もっと

ゲーテは1777年に初めてヴァルトブルク城を訪れ、感激した。ゲーテはヴァルトブルク城自体よりも周りの風光の方がより気に入ったようである。城はゲーテの時代には廃墟のように荒れ果てていた。

ヴァルトブルク城の救世主

城を救うべくワイマールの枢密顧問官であったゲーテは、城に博物館を設けることを提唱した。城には貴重な美術品収集があったことから、ゲーテは博物館の案を押した。しかし城を再興しようと大公家が決断するまでに半世紀もかかったのである。

ユネスコ世界文化遺産

アイゼナッハの町に聳えるヴァルトブルク城は今日、もっとも有名かつ人気の高い城で、1999年にユネスコ世界文化遺産に登録された。城郭に一歩足を踏み入れると、900年を経た歴史書を開いたような感じを受ける:中世の宮廷芸術、今日も崇められている聖エリーザベト、マルティン・ルターの聖書翻訳、ドイツ学生組合のヴァルトブルク祭、ワーグナーの『タンホイザー』・・このすべてがヴァルトブルク城の魅力となっている。

この魅力にバイエルン王ルートヴィッヒ二世も抗しきれなかった:ルートヴィッヒはヴァルトブルクを手本にして後にノイシュヴァンシュタイン城を築いた.

weniger
Bachhaus Eisenach
Bachhaus Eisenach ©Eisenach - die Wartburgstadt

バッハ・ハウス 世界最大のバッハ博物館

1685年3月21日、ヨハン・セバスティアン・バッハはアイゼナッハで誕生し、10歳までここで過ごした。

1907年に「ヨハン・セバスティアン・バッハとその作品に関するものすべてを収集し保管する」目的をもってバッハ・ハウスが開館した。

現在、バッハ・ハウスは二つのテーマ部門から成っている:博物館の歴史的部門では1700年当時を再現した住居により、この音楽一家の日常生活をうかがい知ることができる。隣接する新館はバッハの音楽をテーマとし、マルチメディアを駆使した展示がある。バッハ・ハウスでは毎時間、バロックの鍵盤楽器によるライブコンサートが行われている。

Stadtschloss Eisenach
マルクト広場のバロック様式の市宮殿
Stadtschloss Eisenach
Stadtschloss Eisenach ©Anna-Lena Thamm

マルクト広場のバロック様式の市宮殿

ゲーテはアイゼナッハの市宮殿ではいつでも歓迎される客であり、若き大公カール・アウグストとともに時を過ごした。

またシャルロッテ・フォン・シュタインやゲオルク・フィリップ・テレマン、リヒャルト・ワーグナーもすばらしいファッサードをもつ後期バロックの城を訪れた。1742年に大公エルンスト・アウグストが命じゴットフリート・ハインリッヒ・クローネが建てたアイゼナッハ市宮殿には、現在ツーリスト・インフォメーションとテューリンゲン博物館が入っている。

Marktplatz Eisenach mit Georgenkirche
ゲオルゲン教会 ヨハン・セバスティアン・バッハの洗礼教会
Marktplatz Eisenach mit Georgenkirche
Marktplatz Eisenach mit Georgenkirche ©Anna-Lena Thamm

ゲオルゲン教会 ヨハン・セバスティアン・バッハの洗礼教会

12世紀末ごろに建てられたゲオルゲン教会は、アイゼナッハの中心に立つ母教会である。

教会のゴシックホールで行われた14歳のハンガリー王女エリーザベトとルートヴィッヒ4世の結婚式は、大きな歴史的な出来事であった。マルティン・ルターは合唱団で歌い、宗教改革の時代にはこの教会で説教壇に立った。ヨハン・セバスティアン・バッハもゲオルク・フィリップ・テレマンもヨハン・パッヘルベルもアイゼナッハの象徴であるこの教会と深い関係がある。

Lutherhaus Eisenach
ルター・ハウス テューリンゲン地方最古の木骨組の家
Lutherhaus Eisenach
Lutherhaus Eisenach ©bbsmedien-AnnaLenaThamm

ルター・ハウス テューリンゲン地方最古の木骨組の家

宗教改革の主唱者マルティン・ルターは、1498年から1501年の学生時代にこの家に下宿していた。

美しい歴史的なこの木組の家に、宗教改革を記念する最も有名な名所のひとつがある:若きルターが住んでいた1356年築の有名なルターの部屋である。

1956年にオープンした博物館は2015年に欧州文化遺産に指定され、常設展「ルターと聖書」は受賞の栄に浴し、ほかでは見られない展示品とマルチメディアによる説明展示がある。ルターの足跡を見学をした後は、ミュージアムショップの楽しみがある。

Nikolaitor und Nikolaikirche
カールス広場のニコライ門とニコライ教会
Nikolaitor und Nikolaikirche
Nikolaitor und Nikolaikirche ©Anna-Lena Thamm

カールス広場のニコライ門とニコライ教会

1170年から1180年頃に建造されたアイゼナッハのランドマークのひとつ。

アイゼナッハには5つの市城門があったが、ニコライ門だけが残っている。1902年に開店した塔の部屋を使ったレストラン「トゥルムシェンケ」で、歴史的な場所の食事を楽しめる。

市城門のすぐ隣には三身廊造りのニコライ教会があり、その名は聖ニコラウスに由来する。1525年まで教区教会として市民に親しまれ、ベネディクト会女子修道院の礼拝堂であった。見どころは1520年頃に作られたゴシック様式の彫刻祭壇、およびガラス工芸家ヴォルフガンク・ニッケル作のモダンな山吹色のステンドグラスである。

auf germany.travel
アイゼナッハのクリスマスマーケット

auf germany.travel
アイゼナッハのクリスマスマーケット

アイゼナッハのクリスマスマーケット

Mehr zu sightseeing in アイゼナッハ

Discover Events in アイゼナッハ

Kontakt

Organisation Wartburg Stiftung
Auf der Wartburg 1
99817 Eisenach

Tel.: +49 (0) 03691-2500
www.wartburg.de