黒い森北部の修道院街道

修道士の足跡をたどっての修道院めぐり ─ 黒い森北部の修道院街道

年月を経て威厳を帯びた壁の中、数百年に及ぶ修道院の歴史を体験し、過去の時代の魅力にひたる ─ 全長104キロメートルの修道院街道では、活気に満ちた旅立ちや現代的なライフスタイルも加味されています。

修道院めぐりというと世俗的で粋な感じがしますが、よくある島めぐりとは対照的に、むしろ修道院から修道院へ思慮深く移動することを意味します。 アルピルスバッハからマウルブロンに至る、黒い森 (シュヴァルツヴァルト) 北部のメルヘンのような舞台背景の中、この街道は重要な修道院内の世界を垣間見せてくれます。 アルピルスバッハの旧ベネディクト会修道院は、900年以上の歴史が石と化したような、クリュニー様式による印象深い建築物です。 修道院や回廊で開催されるコンサートに耳を澄ましてください。また、修道院工房の訪問も興味深いものです。 ヒルザウのベネディクト会修道院「聖ペーター&パウル」は、修道院の歴史を伝える印象的な記念碑として、かつての修道士と修道院長の世界を紹介しています。 この修道院施設の中で、廃墟の持つ魅力や演劇を堪能してください。 ザルツアッハタールの寂しい場所には、マウルブロンのシトー会修道士たちが、非常に美しい修道院を残しています。850年以上前のものですが、まるで永遠性を考えて建造されたかのような、保存状態の良さです。 この修道会の会員たちは、ヨーロッパ文化の発展に、絶えず重要な貢献をしてきました。 修道院の建物は、現在では世界文化遺産に登録されています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました