天空の道

数千年に一度の歴史的な一瞬 ─ 次の出口は天空の道

驚愕せずにはいられません!  全長約150キロメートルのテーマルートが、考古学的・天文学的なメッセージを伝え、4つの興味深いポイントで、遠い世界や古の時代、そして未来へ向けての魅力的なビジョンを見せています。

天空の道のメッセージは単純なものです。3,600年前の人々は、私たちとたいして違いはなく、人生の秘密を探していたということなのです。 そして夜には、私たちと同じ星を目にしていました。 ザクセン・アンハルト州は、素晴らしい城塞と上等のワインだけの地域ではありません。希有な財宝をも所蔵しているのです。 ここでは、何か意義深いものを見つけたかったら、ただスコップで地面を掘ればいいような気がします。 全ては、1999年にミッテルベルクでセンセーショナルな “世紀の発見” がなされたことで始まりました。発見されたのは、伝説に包まれた「ネプラの天空盤」 ─ 3,600年以上も前の、金の装飾が施された銅盤 ─ です。 ハレの州立博物館は天空盤を、70,000の星で飾られた部屋に、同時に発見されたものと一緒に展示しています。 ネプラ近郊の発見場所付近では、天空の道の中心地となる「ネプラの箱船」が、黄金の “天の小舟” のようにウンシュトルート渓谷上に浮いています。 ここからわずか18キロメートル離れたランゲンアイヒシュテットでは、ドルメン女神の巨石墳墓が発掘されました。 また、ネブラから約30キロメートルの場所では、1991年に世界最古の太陽天文台が発見され、すでに復元されています。 この礼拝施設では石器時代の魔術師が、ストーンヘイジが造られる2,000年も前に、天空を観測していたのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました