ワイン生産地:良質の土地から生まれる、上品なワイン

ドイツのブドウが育つ場所には、特別なものが実ります。 13のワイン生産地の、斜面の多い土地では、辛口のリースリング種から芳香の高いシュペートブルグンダー種 (フランス語名:ピノ・ノワール種) に至る、上質のブドウの木が栽培されています。 これらの場所では、恵まれた気候もあって、後にドイツらしいワイン ─ 優美さや魅力、個性に溢れた、軽くてフルーティなワイン ─ になる、ブドウが成熟しているのです。

岩山の渓谷を小さな弧を描いてアール川が蛇行し、わずかな岩肌に張り付くようにブドウ畑があります。すでにローマ人はこのロマンチックな自然の渓谷が気候的にワイン造りに合っていることを知り、最初のブドウを植えました。赤ブドウの王であるシュペートブルグンダー種とともに、フリューブルグンダー種もこの生産地区の特別なワインとなっています。アール地域のトップワインは、人手がかかる急斜面の畑で栽培される畑のブドウから造られますが、苦労の甲斐あって高い品質のワインが生まれます。

もっと

バーデンは特色のあるワイン生産地域です。片側はオーデンヴァルトや黒い森の山地、もう一方にはヴォージュ山地により守られて、ドイツでもっとも陽光の多い暖かな気候で、気温はほぼ地中海なみと言ってよいほどです。この温暖な気候と恵まれた土壌によりバーデン地域はヨーロッパでもトップのワイン生産地になっています。美味しいワインと料理、温かいおもてなしがバーデンの人々の生活の特徴です:この地域はグルメのメッカとして知られています。

もっと

フランケン - 中世の町や村、まどろむような風景、地中海に似た気候、数百年の古きワイン文化、その価値を知る人々が一つに溶け合っています。「ヴュルツブルクのワインを数本送ってください、他のワインは口に合わないから」と文豪ゲーテは、フランケン産のお気に入りワインについて書いています。フランケン地方は国際的な賞を受賞したトップクラスのワインと近代的なワインアーキテクチャーを持つ、もっとも近代的なワイン生産を体現する生産地のひとつです。

もっと

ローマ人が最初のブドウを「ストラータ・モンタナ」、すなはちベルクシュトラーセに植えたと推測されます:ベルクシュトラーセのブドウ栽培については、ロルシュの帝国僧院に関係した8世紀の文書に記述があります。1971年に「ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ」は独立したワイン生産地域となり、現在13あるドイツの公認ワイン生産地域の中でもっとも小さな生産地域です。この地域は二つの離れた地域からなります: ダルムシュタット の南側のアルスバッハ、ツヴィンゲンベルク、ベンスハイム、ヘッペンハイムが「シュタルケンブルク」地域となります。二つ目の地域は、グロースウムシュタットとロスドルフ周辺の「オーデンヴァルトのワイン島」です。

もっと

険しいブドウ畑の斜面、古城と宮殿、世界的に有名なローレライの下を120Kmにわたってビンゲンと ボン 間、歴史に満ちた中流部ミッテルラインの風景の中を、ライン川が滔々と弧を描いて流れています。「ジーベンゲビルゲ」と「ローレライ」がミッテルライン地域をさらに二つの地域に分けます。ブドウ畑が特色の南側の景観、 コブレンツ とビンゲンの間の文化景観は、2002年に ユネスコ の 世界遺産 に登録されました。これは急勾配斜面のブドウ畑を守る勇気をブドウ栽培業者に与えました。

もっと

2000年前にケルト人とローマ人が植えたブドウが作る文化景観の中を、モーゼル川とザール川とルーヴァー川が、小さな弧を描いて蛇行しています。モーゼル地域はドイツ最古のワイン生産地で、もっとも大きな急勾配斜面のブドウ栽培地です。急斜面とテラス畑は南と南西に向き、ブドウや珍しい動植物にとって格好の小気候となっています。ミネラルを含む急斜面畑で育つエレガントなリースリング種から造られるモーゼル,ザール、ルーヴァー川域のワインは、世界最高の白ワインに数えられています。

もっと

ドイツの南西部にあるワインの土地ナーエの特徴は、柔和な緑の風光、ロマンチックな川の渓谷、奇岩です。温暖な気候によりブドウは早く成熟し、心地よい酸味を作ります。ワインの村、古城、ローテンフェルスやトロルバッハ渓谷といった美しい自然は130Kmの ナーエ・ワイン街道で見ることができます。この地方を代表する「完璧な高貴な一品」:イダ・オーバーシュタイン産の宝石で装飾したデザイナーボトルに詰められた美味なリースリングワインです。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: