名物を選択

美味しいドイツの味。

お祭りやイベントにビールやブラートヴルストが欠かせないのは当たり前。けれどそれは、ドイツを訪れる人々を待っている味わい深い大きな世界のほんの一部に過ぎません。ドイツ全土に広がる食を発見する旅へと出かけましょう。グルメ体験・味覚体験におけるその多様さに驚かれること請け合いです。

かつてフリースラント地方を代表する飲み物であったファリゼーアが、今日、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン中で人気を博しています。熱々のコーヒーに少量のラム酒と砂糖を入れ、上に生クリームをたっぷり。とりわけ寒い日には最高の飲み物です。19世紀、北海の島・ノルトシュトラントで生まれました。これに勝るとも劣らぬ人気を誇るのが、ヘルゴラントの玉子入りグロッグ。卵黄と砂糖、ラム酒、水から作られる温かい飲み物です。最も強い船乗りだっていちころさ、と良からぬことを言う人も居ます。単にその味わいを讃える人も居ます。まあ、乾杯といきましょう!

もっと

ブドウ園でドアにブドウ蔓のリースが掛かっていたら、そのワイナリーでブーケのレストランがオープンしたことを示します。一年で特定の時期、ワイナリーで作られたワインを4カ月間そこで提供することが認められています。1200年前、カール大帝の時代に始まったこの習慣は、 ラインラント・プファルツ州 では、地元の人々にも旅行者にも同様に人気を得ています。ワインに供する食べ物として、モーゼル川沿いではヴィンツァーヴェスパー(ワイナリーの軽食)と呼ばれるコールドミールの盛り合わせやチーズの盛り合わせ、さらに、ラインヘッセン地方の定番「ハントケース・ミット・ムジーク」(音楽を奏でる手チーズ)と呼ばれるサワーミルクから作られるチーズ、「シュプンデケース」と呼ばれるチーズペースト、また、「ザウマーゲン」と呼ばれるプファルツ地方の豚肉料理などが人気を呼んでいます。

もっと

ベルリン を代表する数多くの日常風景の中で特にベルリンっぽいのが、ドネルケバブ屋のある街角。中でも一番美味しい野菜ドネルと評判なのが、ムスタファのゲミューゼケバブです。ドネルケバブが苦手な人には、カレー36 もお勧め。2軒のお店は、待つ人の列が時には混ざってしまうほど近くにあります。

もっと

ケルン では 3,300軒を超える飲食店で、冷たく冷やされたケルシュが飲まれています。上面発酵で作られるこのビールは、「シュタンゲ」と呼ばれる 200ccのグラスに注ぐのが伝統。そのため、当地でケーベスと呼ばれるウェーターたちは、喉の渇いた客が大勢来ると、すぐに汗だくになってしまうというわけです。それでも、ウェーターたちがケルン特有のもてなしを忘れることはありません。ただし、ピルスビールが注文されない限りは。

もっと

ビール発祥の地がドイツでないとはいえ、この土地が醸造技術を完成させたという事実に異論を挟む人は居ないでしょう。ドイツでは約 5,000種類ものビールが、1,300を超える醸造所で製造されており、その半数以上がバイエルン州にあります。この多様さにおいて、世界で右に出るものは居ません。そして、これらビールのすべてにおいてドイツ・ビール純粋令が守られており、水・麦芽・ホップ・酵母という4つの伝統的材料しか使用されていないというのですから、驚きです。夏に冷たく冷やされたビールを楽しむなら、ドイツ全土に数多く存在するビアガーデンへぜひどうぞ。

もっと

牛乳のサワーミルクから作られるチーズ、ハントケースは、ヘッセンで長い伝統を誇り、特にヘッセン南部では人気の一品です。その名前の由来は元々の製法にあり、19世紀初頭には手でこねられ、手で形が作られていました。ハントケースは「音楽」と称される、さいの目に切った玉ねぎをビネガー、オイル、キャラウェイ、塩コショウに漬け込んだマリネと一緒に食べるのが伝統です。黒パンや無漂白パンとバターを添えて饗されます。

もっと

ハノーファーの料理人によってヴェルフェンシュパイゼが初めて作られたのは、ヴェルフェン家の君主が王位継承 200周年を祝った時でした。白と黄の色が当家の色を表しています。ミルクバニラクリームとワインクリームの2層からなり、当時、選帝侯エルンスト・アウグストの大好物のデザートであったと言われています。現在では、ヴェルフェンシュパイゼをメニューに入れているレストランも多く、 ハノーファー とその近郊においては、家族の祭事で定番の一品となっています。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: