レストラン ヘルリン、ハンブルク:クリストフ・リュファーは慎重に “現代化” の道を歩んでいます
クリストフ・リュファー、レストラン ヘルリン ©Fairmont Hotel Vier Jahreszeiten

レストラン ヘルリン、ハンブルク:クリストフ・リュファーは慎重に “現代化” の道を歩んでいます

ハンブルクのグランドホテル フィアヤーレスツァイテンの中にあり、2011年11月以来2つ星に輝くレストラン ヘルリンの料理長クリストフ・リュファーは、正確にバランスを取った、繊細なアロマ構成による料理を供しています。

Hamburgの伝統的ホテル フィアヤーレスツァイテンの中で、クリストフ・リュファー Christoph Rüffer は、過去数年間自らのスタイルを徹底的に見直しました。その際彼は、古典料理をベースに、現代料理の独自解釈を発展させてきました。 リュファーの料理には、思いがけず胸が躍るような味覚構成が展開しています。この味覚構成は、正確に構築され、テクスチャーを実に良く引き立たせています。エッセン市生まれのリュファーは、食材を取り囲むアロマの同心円のようなものを慎重に創り出して、酸味のアクセントを多用し、(彼の料理に特別な魅力を与えている) ちょっと驚くようなニュアンスを加えています。 これによってリュファーは、卓越した素材ではなく、アロマの相互作用を料理の中心に据えているのです。

たとえば、 フォアグラの珊瑚仕立て、ペリゴール・トリュフ添え では、インテンシブで濃厚な紫キャベツの汁が、フォアグラとトリュフの “基本和音” を優しく包み、絶妙なサイズのシナモン・ナッツバター・ジュレがアロマの広がりを促しながら、シナモンの風味で「なるほど」と感じるような効果をもたらしています。 Bei der シタビラメのグリル においては、明瞭なグリルの風味で納得させています。この風味は、タマリンド&味噌入りオランデーズソースと見事に調和し、キュウリの繊維によって変化が付けられています。 ここでリュファーは、 (キュウリの細切りに詰められた) クレーム・フレッシュの中の、ごく少量のエスプレット唐辛子で、ポイントを稼いでいます。

ヘルリンの食事客は、ますます綺麗になったレストランの雰囲気に見事に合う、繊細で現代的な料理を期待できます。 ヘルリンでの食事は、親切かつプロフェッショナルに行動する、ラオウル・シュタインバッハ以下のサービス・クルーによって、完全なものになっています。

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました