Alexandro Pape: Restaurant Fährhaus Sylt
Alexandro Pape: Restaurant Fährhaus Sylt © Fährhaus Hotel Collection
トップシェフ

レストラン フェールハウス:アレクサンドロ・パペは、現代的で理知的な、最高レベルの料理でポイントを稼いでいます

レストラン フェールハウスでは、アレクサンドロ・パペが過去数年間に急速な成長を示しながら、まだまだ底を見せていません。

料理の継続的な発展は、進化のプロセスです:アレクサンドロ・パペ Alexandro Pape にとって、2010年末に獲得した2つ目の星は、彼の意識下に生まれた、料理の持続性 ─ パペが全く自然に、最高のガストロノミーに含まれていると理解しているもの ─ の解釈に駆り立て、自らの持ち味をさらに伸ばすための、一種の激励となりました。

パペは ファインハイミッシェ・メニュー  (「高級郷土料理コースメニュー」ぐらいの意味) の中で、地元の食材に新たな輝きを与えると同時に、たとえば コンフィした後カリカリにローストした豚バラ肉、蜂蜜とタンポポの芽のソース、タンポポとセロリの温かいマリネ添えのような料理で新たな味覚構成を創り出しています。 ぎざぎざした形状で、わずかに土の香りがするタンポポの特徴と様々なテクスチャーが楽しめる豚バラ肉のハーモニーが、全くセンセーショナルです! 一般にパペの料理は、皿上に抽象的な絵を描くことなく、3~4つの主要食材に集中するのが特徴です。その結果、料理はスプーンでも食べられるようになり、持続的な味覚の記憶を引き起こすのです。

Im フェールハウス・メニュー においてパペは、 マイルドにスモークしたウナギとフォアグラのソテーのカクテル、ルバーブのジュレと西洋ワサビのムース、西洋ナシのスパイス入りシュトルーデル添えのような、アロマの面においては少々野心的な料理を供しています。その際に彼は、伝統的な食材であるウナギとフォアグラを、極めて説得力のある酸味・甘味作用と共に、全く新しいコンテクストで並べています ─ 全く素晴らしい出来です! さらにパペは、 サルディニア・メニューにおいて、伝統的なサルディニア料理を、現代的で洗練されたものにアレンジしていますが、これらはスタイル的に完璧に彼の料理の全体像に組み込まれているものです。

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました