Andreas Krolik
Andreas Krolik © Brenners Park-Hotel GmbH
トップシェフ

ブレンナーズ・パークレストラン:アンドレアス・クローリックは、洗練された食材料理でグルメたちを納得させています

伝統を誇るBaden-Badenのブレンナーズで、アンドレアス・クローリックは、2つ星の素晴らしい料理により、パーク・レストランを当地域の表看板にしました。

畏敬の念を覚えるようなブレンナーズで、豪華な料理を期待していると、古典料理のルーツを持つ、時代に即した料理が、いかに繊細かつ技巧豊かに作られているかを、アンドレアス・クローリック Andreas Krolik に見せられて、驚くことでしょう。 クローリックは、有名な師匠につくこともなく、全く自由に自身のスタイルを見いだしてきました。彼は才能に恵まれた職人であり、極めて繊細なディテール作業で、料理のアロマを明瞭に際立たせ、新たに魅力的なアクセントを加えています。 クローリックは、釣りへの情熱から、魚や甲殻類をできるだけオーセンティックに調理することへの、明白な嗜好を育んできました。これらの食材は、ノルウェーやアイルランド、スコットランドから、素晴らしいクオリティのものを仕入れていますが、肉料理を好む人やベジタリアンも、パークレストランの様々なコースメニュー/アラカルト料理に満足することでしょう。

Bei der テクセル仔羊ロース肉のトランシェ、ウイキョウとラズ・エル・ハヌートゥ、レモン・ホウレンソウ、パプリカ・チャツネ、ヒヨコマメのピューレ焼き でクローリックは、アロマとプロポーションの相互作用について、確かな理解を示しています。 料理の中心には、仔羊のロース肉が堂々と聳え立っています。これは、ヒヨコマメやラズ・エル・ハヌートゥと結びついて、まずは非常に親密に現れますが、その一方で “基本和音” は、ホウレンソウによる厳密に調節された酸味とウイキョウの特徴によって、新たなフレームの中に入れられ、軽さを得ているのです! Viel Spannung entsteht auch bei der ホタテ貝のカラメルがけ、ペリゴール・トリュフ・クリームとイベリコ豚、ネギのロースト、キクゴボウ、パルメザンチーズのクランチ添え においても、甘くて土の香りがする特徴と貝の素晴らしい肉質&汁気、かすかなハーブの気配の相互作用によって、様々な緊張が生じています ─ ただ単純に素晴らしい料理です!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました