クリストフ・ライナー、レストラン ヴィラ・ロートシルト
トップシェフ

レストラン ヴィラ・ロートシルト、ケーニッヒシュタイン:クリストフ・ライナーは、卓越した技量でのびのびと調理しながら、地域のトップの座にあります

ホテル ヴィラ・ロートシルト・ケンピンスキーでは、若き料理長クリストフ・ライナーが、極めて短時間にライン=マイン地方のトップに登り詰め、現代的な要素を取り入れた、時代に即した古典料理で食事客を満足させています。

クリストフ・ライナー Christoph Rainer は、かつてロートシルト家の所有だった建物の中に、2007年4月にオープンしたグルメレストランで、スタート時点ですでに高かったレベルを、漸次的に上げてきました。 ライナーの料理は、どこまでも古典的フレンチの基礎の上にありますが、全く独自のアクセントを付けることを、早くから理解していました。 当初彼は、見るからに素朴な地中海風の料理を供していましたが、とりわけ過去2年の間に、様々な要素を細心の注意で仕上げ、より均整のとれた全体像を作り出すことで、ポイントを押さえた、繊細な構成をするようになりました。 総じて彼のコースメニューは、より均質に「流れる」ようになり、時代に即した古典的料理が、どれほど心を動かしたり、驚かすことができるかを印象的に示しています。

ライナーは フォアグラ、リンゴとコリアンダー添えを全く見事に仕上げています:複雑な甘味&酸味作用とコリアンダーのハーブ的特徴により、伝統的なフォアグラ料理と比べると遙かに軽快ですっきりしていますが、味覚の強さは失われていません。 Auch der ブルターニュ産オオカミウオの「カリカリのサンドウィッチ」、アーティチョークとパタ・ネグラ添え もまた、ライナーがどれだけ正確に調節しながら “アロマの和音” を奏でているかを示しています。彼は、魚を薄いフォカッチャのスライスで包んで、素晴らしく土とスモークの香りがする要素を作りだしているのですが、この要素がクリーミーなアーティチョークと見事に合い、少量のパプリカによる甘味で完結しているのです。 同様に素晴らしいのが、スパイスミルクの中で調理した 仔羊ロース肉、冷製ザジキと黒ニンニク、ナス添えフロマージュ・ブラン、ケフィアのアイスとハイビスカス添えによるデザートです。

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました