トップシェフ

レストラン ル・モワソニエ:エリック・メンションは、最高レベルの “アロマ・アバンギャルド” を供しています

Kölnerのレストラン ル・モワソニエでは、ビストロ風の雰囲気の中、エリック・メンションが、ドイツで最も個性的かつスリリングな料理で驚かせています。

はじめてレストラン ル・モワソニエに足を踏み入れた時には、そこがパリでないことを確かめるために、2回ほど頬をつねる必要があります:ドイツで、これ以上にリアルで活き活きとした姿に、ビストロの舞台装置を再現するのはまず不可能でしょう。 オーナーのヴィンセント・モワソニエと料理長のエリック・メンション Eric Menchon は、漸次的に人気レストランに作り上げてきましたが、本来は「グルメレストラン」のカテゴリーに含まれないタイプの店です。 加えてエリック・メンションは、間違えようのないスタイルで料理を供しています。これは、「あらゆる料理は小さなコースメニューである」をモットーにコンセプトしたもので、ちょっとピエール・ガニェールを連想するようなところがありますが、より地中海風のアロマが用いられています。 ついでに、非常にコストパフォーマンスが高い (4コースメニューが70ユーロで、6コースメニューが108ユーロ) ことにも気がつくはずです!

メンションは最近、 乳飲み仔牛の胸腺のロースト、オレンジの花とアニスのクリーム、スイートオニオンのコンポート、野菜のネム、アッキシソウ、グリーンアスパラガスで光彩を放っています。もちろん、強火でローストした胸腺がデギュスタシオンの中心に据えられ、胸腺にある種の軽さを与えるオレンジ&アニスと共に、ローストの風味を強調するタマネギのコンポートが添えられています。 それとは別に、春巻き風に揚げたカリカリの野菜で、またしても幾分ローストの風味を持たせると同時に、3つ目の皿アッキシソウとアスパラガスに移行させて、興味深い循環効果を生み出しています。 このアロマ循環の原則は、デザートを含む、ほとんど全ての料理に現れ、ル・モワソニエの料理を、オーナーが集めた抜群のワインと共に、絶対に試してみるべき存在にしています!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました