Helmut Thieltges
Helmut Thieltges © Waldhotel Sonnora; Fotograf: Christopher Arnoldi
トップシェフ

ヴァルトホテル・ゾノラ、ヴィットリッヒ=ドライス:ヘルムート・ティールトゲスは、時代を超えてエレガントな、最高レベルの古典料理を供します

ヴァルトホテル・ゾノラ内にある、ドイツのベスト5に数えられるレストランで、ヘルムート・ティールトゲスは、調理しながら、優れた古典料理というものが今日どのように見えるか、実に的確に示しています。

ヘルムート・ティールトゲス Helmut Thieltges は、ドイツのグルメ地図に現れた、ひとつの現象のような人物です ─ 彼は偉大な師匠を持つこともなく、密かにそして全く静かに、両親のホテルにあるグルメレストランを、最大級の賞賛を受ける存在に押し上げました。彼のレストランは、この分野のあらゆるガイドブックから、例外なく最高の評価を得ています。 ティールトゲスは、十分だと思えるのは最高のものだけだとする、骨の随までの素材至上主義者です。 彼は、これらの高貴な食材を取り囲むように、ストレートでありながら、ディテールに至るまで緻密に考え抜かれたアロマの世界を構築しています。これが、食材の特徴を強調し、何度か緊張の一瞬をもたらすことになるのです。 ティールトゲスの哲学は「最高の古典料理」と表現できます。その際、すでに自分の中で完結し、終わったと思っていた料理がどのような結果になったか、不安になるのです ─ 何も足りないものはなかったか、それとも何か省けたろうか。

彼の料理の多くは、時の経つうちに業績リストのような性格を持つようになったり、たとえば シャラン鴨胸肉のオリエント風スパイスソース、フォアグラのソテー、ムラサキキャベツ、西洋ナシの糖衣がけ添えのように、崇拝の対象になっています。 調理においてティールトゲスは、素材知識をもって正確に、高価な家禽から最大限の味覚を引き出し、スパイスソースを塗ってソフトにアクセントを付けています ─ 全く完璧な仕上がりです! 同様に素晴らしいのが、「仔牛肉のツナソースがけ」のアレンジです: クロマグロのインヴォルティーニ、オシェトラ・キャビア添え、ツナクリームソースがけ ─ マグロは、削減・濃縮により、その驚異的なクオリティを最大限に発揮しています。 ティールトゲスが見事に調理する、地元の名物ジビエ料理は、どれも絶対に試してみるべきです! 全体としてみるとゾノラは、探究的な美食家なら必ず訪れるべきレストランといえるでしょう!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました