レストラン ラ・ベル・エポック、コロンビアホテル・カジノ・トラーヴェミュンデ内:ケヴィン・フェーリンクは、繊細で個性的な “アロマ・アバンギャルド” で輝きを放っています
ケヴィン・フェーリンク:レストラン ラ・ベル・エポック ©COLUMBIA Hotel Casino Travemünde
トップシェフ

レストラン ラ・ベル・エポック、コロンビアホテル・カジノ・トラーヴェミュンデ内:ケヴィン・フェーリンクは、繊細で個性的な “アロマ・アバンギャルド” で輝きを放っています

コロンビアホテル・カジノ・トラーヴェミュンデ内のレストラン ラ・ベル・エポックでは、ドイツのニュージェネレーションの中で最も才能に溢れ、最も魅力的な料理長ケヴィン・フェーリンクが調理しています。

コロンビアホテル・カジノ・トラーヴェミュンデの古風な雰囲気の中、34才のケヴィン・フェーリンク Kevin Fehling は、ドイツで最もエキサイティングで、最も清涼感溢れるものに数えられる料理を供しています。 フェーリンクは、継続的に料理に手を加えているうちに、極めて短い間に古典料理から解放されて、全く独自のスタイルを育みました:純粋なアバンギャルド料理の影響を利用することで、複雑に絡み合った「皿の上の言語」 ─ 途方もなく味覚を広げる可能性があるもの ─ を育んだのです。 その際彼は、極めて注意深く作業し、新しくて、小さく、厳密に調節したアイディアの花束で、素晴らしい素材を取り囲んでいます。これが、全体として見事にかみ合い、フェーリンクの料理の特徴となっているのです。 彼が作るものは、料理への計り知れない理解を示しており、まだまだ能力の限界に達していません。

冷前菜の中には 生のままマリネしたヨーロッパアカザエビ、ブラッドオレンジとブシュカン、紫蘇、ショウガ油添え のような料理があります。その際フェーリンクはセンセーショナルなまでのアカザエビのスライスを、それぞれアーモンド片やブラッドオレンジ・ジュレ、少量の紫蘇の葉、薄切りのブシュカン (手のような形をした柑橘類) と共に美しく盛りつけています。 デギュスタシオンの正確な効果は見逃せません:それから、甘味と (ショウガ油による) 辛味、海の新鮮さが、肉質、土の香りがするハーブひとつまみの、複雑に絡み合った味覚の魔術が口の中に広がります。 Ebenso hervorragend gelingt das “1時間卵” 、ソロリスとペリゴール産トリュフ、キクイモ添えホワイトチョコレート・クリームと抹茶ジュレ、大根、モモのシャーベット、ザクロ添えもまた、同様に見事な出来です。

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました