クラウス・エアフォルト:ゲステハウス・クラウス・エアフォルト
トップシェフ

ゲステハウス・クラウス・エアフォルト、ザールブリュッケン:クラウス・エアフォルトは、ドイツ最高のシェフ4人のうちのひとりです

クラウス・エアフォルトは、Saarbrückenに、全く特別なゲステハウス (英語:ゲストハウス) を作りだし、純粋主義的なモダン・クラシックで輝きを発しています。

クラウス・エアフォルト Klaus Erfort は、2007年末に3つ目の星を獲得して以来、注目に値する進歩を見せました。そして、とりわけ過去数年間は、彼の料理が広い範囲で賞賛されたことから、ドイツ国内で注目を浴びることになりました。 彼の「野菜畑、ブルターニュ産ロブスターとオリーブ・クロカント、ウズラの卵のポーチ添え」は、本当に素晴らしい野菜で魅了しながら、少量の西洋わさびで強調した、酸味と甘味が見事な調和を見せています。その際、ウズラの卵のクリーミーさが、味覚上のアクセントとして作用します。 海塩で調理したラングスティーヌ (ヨーロッパアカザエビ) も全く素晴らしいものです ─ これはエアフォルトの純粋主義的料理の最高峰となる、実に威厳のある一品で、最高の賞賛を贈らざるを得ません。

同様に「ノロジカ、ヤマドリタケ (クリームか生で) とパン・デピスのクラスト、テーブルビートとパープルカレーのソース」も見事なものです。この料理でエアフォルトは、華々しいジビエ料理をシンプルに称えています。 パティシエもまた同じ目線で働いており、中でも「ニワトコのアイス、イチゴ・マリネ添え」では、どうしたら時代に合ったデザートを、極めて高いレベルで創り出していけるかを示しています。 これらは、ゲステハウスでの時間が特別な体験となる、まさに強調された瞬間といえます。

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました