オリバー・ハイルマイヤー:レストラン 17フフツィヒ、ホテル ツア・ブライヒェ ©Hotel Zur Bleiche Resort & Spa
トップシェフ

レストラン 17フフツィヒ、ホテル ツア・ブライヒェ:オリバー・ハイルマイヤーは、郷土料理の特徴を持つ、オーセンティックな素材料理で食事客を満足させています

Burg im Spreewaldのホテル ツア・ブライヒェでは、オリバー・ハイルマイヤーが、たいていは地元の食材を用いて、並外れたアロマ・コンビネーションを持つ、個性的な素材料理を作っています。

レストラン 17フフツィヒにおいてオリバー・ハイルマイヤー Oliver Heilmeyer は、古典料理から生まれた料理技術と現代的なアロマ構成の、注目すべきリエゾンを作り出す一方で、ますます地元の食材を用いるようになってきました。 ハイルマイヤーは、シュプレーヴァルト地方の生産者と密接に協力し、彼らが品質の高いものを継続的に生産できるように、力の及ぶ限り支援しています。 その土地に根ざした、純粋な郷土料理によるコースメニューや野菜料理を組み合わせたシュプレーヴァルト庭園コースメニューの他に、ほぼ毎日変わるコースメニューを、手に入れられる最高の素材を用いて、常にフレキシブルに構成しています。 時の経つうちにハイルマイヤーは、できる限りオーセンティックに、そして自然のまま鶏や豚、野菜を供給できる、自身の農場やホテル庭園からの仕入れを、再び強化するようになりました。

彼のスタイルに典型的なのは、わずかにアロマがあるテーブルビートを、羊皮に包んでオーブンで焼いたような、素材を損なわない料理で、ハイルマイヤーはこれにパースニップと西洋ワサビのクリームソースのみを添えています。 口の中で、テーブルビートの微妙な甘味が自然に広がり、クリームソースの土の香りとわずかな辛味によって見事に引き立てられています。 アロマが正確に作り出されている料理が ほうれん草のクリームスープ、ブルーチーズ入りクロケットとマルメロ入りラグー添えで、ハーブと甘味、クリーミーさ、抑えぎみのこくが、驚くほど調和のとれた形で封じ込まれています。 同様に要点を押さえるのに成功しているのが シュヴィーロウゼー産ホタルジャコです。ハイルマイヤーは、ホタルジャコをホタテ貝と共にクラストで包み、そこにノロジカのハムと一緒にソテーしたキクイモや芽キャベツの葉、ホワイトオニオンソースを添えています。 素晴らしい味わいと魅力的な芳香……単純に楽しむことができます!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました