ラントハウス・ハドリース、マグデブルク:ゼバスティアン・ハドリースは、野心的な田舎料理で食事客を納得させています
Sebastian Hadrys © Landhaus Hadrys
トップシェフ

ラントハウス・ハドリース、マグデブルク:ゼバスティアン・ハドリースは、野心的な田舎料理で食事客を納得させています

Madgeburgでゼバスティアン・ハドリースは、自身のラントハウスによって夢を実現し、食事客や批評家から高い人気を得ています。

まだMadgeburgをグルメの牙城とは呼べなかった9年前に、ゼバスティアン・ハドリースは、ハインツ・ヴィンクラーが料理長を務めるラントハウス・シェーラーや Thomas Martinがシェフのルイス・C・ヤコブで働いた後、両親の家からさほど離れていない場所に、自身の店ラントハウス・ハドリースをオープンしました。 彼は、単純な矢印で食事客を徐々に自らの高級田舎料理に引き寄せ、メニューに素晴らしい料理を載せて、特別な時間を過ごせるようにしました。 郷土色豊かなベルデラント・コースメニューの他に、ランジス市場から仕入れたホタテ貝やノルウェー産釣り真鱈、ブルターニュ産ロブスターが主役になっています。これらを「誠実な職人」であるハドリースが加工し、調和が取れた、複雑すぎない料理に仕上げているのです。 また、素晴らしいコストパフォーマンスを目の当たりにして、なぜ遠近のラントハウスがこれほど好評であるのかすぐに理解します ─ 自身のラントハウスが将来も利益をあげ続けられるように、意識的に「星付き」の下に位置しているのです。

ハドリースの得意料理には、異なる甲殻類を用いて何度も改良している、カボチャのクリームスープが含まれます。2皿目にくるのは、冬のメニューに欠かせない、カリカリに焼いた鴨ですが、地元の業者から手に入れた様々なジビエを用いて 子鹿ロース肉のパイ包み焼き、カシスソース、冬の野菜と穀物入りオープン・クネーデル添えのような料理になることもあります。 素晴らしい肉質を損なわないように調理して、薄いパイ皮でジューシーに保ち、素晴らしく口当たりの良いカシスや冬らしいクネーデルと共に供しています ─ 職人技術的に完璧で、野心的な田舎料理を楽しめます!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました