ヴォルフガング・ベッカー:ベッカーズ ©Becker`s
トップシェフ

ベッカーズ、トーリア:ヴォルフガング・ベッカーは、オーセンティックで時代に合った、ハイレベルの料理で、食事客を納得させています

ヴォルフガング・ベッカーは、2008年に2つ目の星を獲得して以来、その料理スタイルを、本来の主義である「明快で、ほとんど純粋主義的なまでの料理」から離れること無く、さらに洗練させました。

ヴォルフガング・ベッカー Wolfgang Becker は、家族と共に、全く特別なものを創り出しました:旅館が併設された、両親のワイナリーを、他に類を見ないようなデザインホテルに拡張したのです。その明瞭なフォルムは、内部に設けられたグルメレストランのライトモチーフとなっています:ベッカーは、基本的な味覚の “和音” を削減して、極めて要点を押さえた調理をしているのです。その際彼は、過去3年間にわたって、自身の味覚和音が緊張感と多様性をもたらすかどうか試行錯誤し、料理を磨き上げました。 今や彼の料理は、現代的で明瞭なものとして姿を現し、全く自然な形で周囲の雰囲気にとけ込んでいます。

ベッカーは、ある種のユーモアを交えながら、そして自身を深刻に考えることなく、すでに定説がある料理テーマの新解釈に何度も没頭しています。その一例が キハダマグロのファーストフードです:ベッカーは、キハダマグロをホットドッグやハンバーガー、握り、天ぷら、さらにはカレーソーセージにして供しています。そのいずれにおいても、素晴らしい食材を、その特徴が様々な色彩に変わるように演出し、あたかも文頭に凝った修飾大文字を据えるように、際立たせることに成功しています。 同様に心躍るのが、 ホタテ貝、レモンの葉のソース、クスクス添えにおけるオリエンタル風の装いです。ベッカーは、ニンジンの煮汁が持つ、クミンやラス・エヌ・ハヌートゥ、レモンの葉の香りと共に、ニンジンの変化 (ニンジンのクスクスや原生ニンジン、黄・白カブ風のテクスチャー) を基に構成しています。 様々なニンジンの微妙な差異による土の香が、ほのかな甘味とまみえて、オリエンタル風のスタイルと実に良く合っていますし、少量のマカダミア粉によってさらなる特徴とバックボーンを得た、ホタテ貝が他を圧倒することもありません ─ 素晴らしい以外の言葉がありません!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました