• Hotel zur Bleiche, heated outdoor spa pool
    Hotel zur Bleiche, heated outdoor spa pool ©Hotel Zur Bleiche Resort & Spa
  • Friedrich Wilhelm at Hotel Bayrisches Haus
    Friedrich Wilhelm at Hotel Bayrisches Haus ©Hotel Bayrisches Haus Potsdam
  • Hotel and Restaurant Goldener Hahn
    Hotel and Restaurant Goldener Hahn ©Hotel Goldener Hahn
  • Hafenrestaurant Ernest at Resort Schwielowsee
    Hafenrestaurant Ernest at Resort Schwielowsee ©Resort Schwielowsee
  • Hotel and Restaurant Seeschlösschen
    Hotel and Restaurant Seeschlösschen © Hotel und Freizeit GmbH
  • Orangerie at Schloss Ziethen
    Orangerie at Schloss Ziethen ©Schloss Ziethen
  • Wirtshaus am See
    Wirtshaus am See ©Wirtshaus am See
  • Restaurant Villa am See at Sport & Spa Resort Arosa Scharmützelsee
    Restaurant Villa am See at Sport & Spa Resort Arosa Scharmützelsee ©A-ROSA Resort GmbH

ブランデンブルク州

ブランデンブルク州においては、料理の多様性は農業によるところが大きく、テルトウ蕪のような一度忘れ去られた品種が、トップレストランのレパートリーを広げています ─ ブランデンブルク州が「ベルリンの野菜畑」と呼ばれるのは、理由のないことではないのです。 これに、地元で獲れる最高品質の淡水魚や良質のジビエ、地場産の肉が加わります ─ 郷土料理をベースに、素晴らしい食事を作るには、これ以上のものは必要ないはずです。
17フフツィヒ、ホテル ツア・ブライヒェ・リゾート&スパ

シュプレーヴァルト地方の類を見ないユネスコ自然保護区の中で、オリバー・ハイルマイヤーは、2つのアラカルト・レストランと8つのホテル・レストランの総料理長を務めています。 この星獲得シェフは、過度な装飾を廃しています。 彼は、食材のインテンシブかつ典型的な味覚に賭けており、その多くを自身の庭やホテル所有の農場から仕入れています。 これもまた、ホテル ツア・ブライヒェ・リゾート&スパ Zur Bleiche Resort & Spa 内のグルメレストラン 17フフツィヒ 17fuffzig における、彼の新ドイツ郷土料理の成功の基礎となっているのです。

グルメレストラン フリードリヒ・ヴィルヘルム、ポツダム

プロイセン王の中のロマンチストにして芸術愛好家フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は、何度もイタリアへ旅し、イタリア風のライフスタイルを採り入れていました。 グルメレストラン フリードリヒ・ヴィルヘルム Friedrich Wilhelm の哲学は、今や (フリードリヒ・ヴィルヘルム4世によって建造された) バイエリッシェス・ハウスの伝統を追っています。 アレクサンダー・ドレッセルが長い間イタリアやオーストリア、スイスに滞在していたのは、オーガニック/地元/季節の食材に重点を置いた、レストラン厳選メニューの表現にも見て取れます。

ホテル&レストラン ゴルデナー・ハーン、フィンスターヴァルデ

フィンスターヴァルデの同名ホテル内にあるレストラン ゴルデナー・ハーン Goldener Hahn では、フランク・シュライバーが、全く独自の料理スタイルで客をもてなしています。 地元生産者の食材を使用することが、彼の特別な関心になっているのです。 彼の料理のいずれもが、絵画のように姿を現します。 彼の料理にとっては、味覚だけでなく、視覚的な楽しみもまた重要な役割を果たしているのです。 「料理は芸術 ─ あらゆる感覚に訴える芸術である」という、自身のモットーに忠実に。

レストラン ヴィラ・アム・ゼー、バート・ザーロウ

スポーツ&スパ・リゾート、アローザ・シャルミュツエルゼー Sport & Spa Resort A-ROSA Scharmützelsee のヨットハーバーに面したレストラン・ヴィラ・アム・ゼー Villa am See が、シャルミュツエル湖 (シャルミュツエルゼー) への素晴らしい眺めと共に、食の喜びへと招きます。 リゾートホテルのトップレストランの中では、料理長のマティアス・レッシュが、昼の間は軽い郷土料理で食事客を満足させています。 夜には、レストランのプライベートな雰囲気が、見事なワインリストと共に、ファインダイニングへと誘います。

グルメレストラン ザンダク、ゼンフテンベルク

ウェルネスホテル ゼーシュロースヒェン Seeschlößchen における快適な滞在を、理想的な形で完成させるべく、グルメレストラン ザンダク Sandak の料理長フィリップ・リービッシュが、ちょっと現代的な要素を採り入れた、クラシック・フレンチに誘います。 紛い物のない純粋な環境の中で、ラウジッツ湖沼地帯の作物の多彩さを、そして忘れて久しい料理を堪能できます。 レストランの支配人ヤナ・メッティングが、責任者として食事客をもてなします。

ハーフェンレストラン・アーネスト、リゾート・シュヴィーロウゼー内

シュヴィーロウゼー (シュヴィロウ湖) の畔にあり、広々としたテラスからは、ホテル付属のハーバーでボートが揺れているのを目にできます。 ここでは、愛情を込めて修復された数々のディテールが、このようなロケーションにぴったりの人物だった、有名作家アーネスト・ヘミングウェイを思い起こさせます。 上等のワインやシュヴィロウ湖の穏やかな風景を楽しんでいる間にも、オープンタイプのショーキッチンには熱気が溢れています。 料理長のカルステン・グルントは、湖のすばらしさが、いずれグルメの楽しみに変わることを理解しているのです。

ディー・オランジェリー、シュロース・ツィーテン内、クレメン/ベルリン近郊

辺境伯の領主館だったシュロース・ツィーテン Schloss Ziethen は、ベルリン周辺部の、古くて広大な公園の真ん中に位置しています。 ホテルには、異なる内装が施された客室が39あります。 レストランのディー・オランジェリー die Orangerie は、現代的にアレンジされた「ブランデンブルク領主館料理」で有名です。その際、知られている料理は、新たにファンタジー溢れる方法でアレンジされ、知られていないものや忘れ去られたものは、新たに “発見” されています。 シュロース・ツィーテンはスローフードのメンバーです。 公園の他に、広々としたサロンも、宿泊や食事、会議で訪れる人に開放されています。

ヴィルツハウス・アム・ゼー、ツォイテン

ミアスドルフ湖の畔にあり、1995年以来グルメたちの避難所となっているレストラン ─ それがヴィルトハウス・アム・ゼー Wirtshaus am See です。 ここでは、家族的なペンションの雰囲気の中で、リラックスし、楽しむことができます。 美味しい料理の魂のようなハイデルート・ロイトロフとローズマリー・シュルツが率いるキッチン・クルーが、郷土料理を中心に供しています。 そして有名ワイナリーから仕入れた、選り抜きのワインが、料理にぴったりのフレームを形作ります。 ゆっくりと過ごしたい場合には、テレビやトイレ、シャワーが付いた部屋を予約できます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました