• Aqua Restaurant
    Aqua Restaurant ©The Ritz-Carlton, Wolfsburg
  • Restaurant La Vie - doorman
    Restaurant La Vie - doorman ©Restaurant La Vie
  • Badhotel Sternhagen
    Badhotel Sternhagen ©Heinz Holtgrefe
  • Restaurant Endtenfang at Althoff Hotel Fürstenhof
    Restaurant Endtenfang at Althoff Hotel Fürstenhof © Althoff Hotel & Gourmet Collection
  • Schlosshotel Münchhausen
    Schlosshotel Münchhausen ©Schlosshotel Muenchhausen
  • La Forge
    La Forge ©Romantik Hotel Schmiedegasthaus Gehrke
  • La Terrasse at Park Hotel Bremen
    La Terrasse at Park Hotel Bremen ©Park Hotel Bremen
  • Romantikhotel Jagdhaus Eiden am See
    Romantikhotel Jagdhaus Eiden am See ©Romantikhotel Jagdhaus Eiden am See
  • Marco Polo Restaurant
    Marco Polo Restaurant © Columbia Hotel
  • Schillingshof, exterior
    Schillingshof, exterior ©Mirko Plha
  • Gasthaus Lege
    Gasthaus Lege © Gasthaus Lege
  • Kaffee Worpswede
    Kaffee Worpswede ©Kaffee Worpswede
  • Restaurant Torschreiberhaus
    Restaurant Torschreiberhaus ©Restaurant Torschreiberhaus
  • View of Lake Maschsee from the restaurant terrace
    View of Lake Maschsee from the restaurant terrace ©Die Insel am Maschsee GmbH & Co. KG
  • Grashoffs Bistro
    Grashoffs Bistro

ニーダーザクセン州およびブレーメン

ニーダーザクセン州を旅するグルメたちは、まずコックを、次に都市を選択することになります。 ラ・ヴィ (オスナブリュック) のトーマス・ビューナーが3つ目の星を獲得した結果、アクア (ヴォルフスブルク) のスヴェン・エルファーフェルトと並んで、今では3つ星レストランが2軒になりました。 この他に、とりわけ沿岸地方で、将来性のあるシェフを見つけることができます。
レストラン アクア、ザ・リッツ・カールトン内、ヴォルフスブルク

ヴォルフスブルクのザ・リッツ・カールトン The Ritz-Carlton 内にあるレストラン アクア Aqua では、料理長のスヴェン・エルファーフェルトが、極めてレベルの高いモダン・ヨーロピアンを供しています。 彼のアイディアに富んだ料理は、近頃賞賛されているように、美学的な外観と類を見ないクオリティにより傑出しています。 そしてフランス人インテリア・デザイナーのアンドレ・プットマンによる、時代を超越してエレガントなデザインが、アクアの洗練されたスタイルを強調しています。

レストラン ラ・ヴィ、オスナブリュック

オスナブリュックの歴史的な旧市街の中心部、ウェストファリア条約が締結された市庁舎の向かい側に、レストラン ラ・ヴィ La Vie はあります。 このハウス・テンゲ ─ 擬古主義様式による18世紀の建物で、文化財保護指定を受けています ─ の中では、2006年以来トーマス・ビューナー&タイアルニ・カナガラトナムの2人が主人役を務めています。 レストラン ラ・ヴィは、その名前に相応しく、人生の美しい側面を極めて高いレベルで表現しています:複雑に考えず、くつろいで、気持ちよく。

シュテルンエック、バートホテル・シュテルンハーゲン内、クックスハーフェン

ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園の北海沿岸部には、50年以上も前からドイツ最高のホテルに数えられている、バートホテル・シュテルンハーゲン Badhotel Sternhagen があります。 そのガストロノミーの心臓部となっているのが、北海への展望が開けた、エレガントなパノラマ&グルメレストラン シュテルンエック Sterneck です。 ここではマルクス・ケープシュルが、有機栽培による地元食材をベースにした、モダン・クラシカルを供しています。

グルメレストラン・エンテンファング、ツェレ

レジデンツの町ツェレのアルトホフホテル・フュルステンホーフ Althoff Hotel Fürstenhof にあるグルメレストラン エンテンファング Endtenfang では、星獲得シェフのハンス・ゾボトカが香りの高い地中海風料理を供しています。 伝統的にメニューには、古典的な鴨料理が、たとえば季節によってバリエーションをつけた鴨ディナーのような形で掲載されます。 給仕長兼ソムリエのゼバスティアン・ヴィルケンスは、ワイン愛好家や美食家を、(好んで南アフリカへの) ワインの旅へと誘います。 穏やかな日には、緑の中にある、ガーデンテラスに席をとることもできます。

シュロースホテル ミュンヒハウゼン、ハーメルン

ヴェーザールネッサンス様式の水城を、費用をかけて修復・改装したシュロースホテル ミュンヒハウゼン Münchhausen は、美しいヴェーザーベルクラント地方の、ハーメルン市内からもさほど離れていない場所にあります。 ここでは2004年以来アヒム・シュヴェーケンディークが、料理でアクセントを付けています。 ファンタジーに溢れた料理と最高のワイン、そして趣味の良い環境が、ひとつのライフスタイルとして満喫できます。

レストラン ラ・テラス、ブレーメン

パークホテル・ブレーメン Park Hotel Bremen は、かつての王侯領主の時代の魅力を今なお有しており、のどかさとシティライフを同程度に楽しめます。 上品な雰囲気が漂うレストラン ラ・テラス La Terrasse では、料理長のノルマン・フィッシャーが、細心の注意で選び抜いた食材による、野心的な料理で食事客をもてなしています。 彼の料理は、クラシカル・フレンチをベースに、モダンなアレンジを加えていることで有名です。 さらに、支配人アンドレアス・ブッツカム率いるサービス・クルーが、喜びに溢れる夕べをサポートしています。

ロマンチックホテル シュミーデガストハウス・ゲールケ、バート・ネンドルフ

900年以上の歴史がある村リーペン ─ ニーダーザクセン州シャウムブルガー・ラント地方の中心部で、シュタインフーデ湖やヴェーザーベルクラント地方、ヴィーデンサール (有名な詩人&素描家ヴィルヘルム・ブッシュの生誕地) にも近い場所 ─ にロマンチックホテル シュミーデガストハウス・ゲールケ Schmiedegasthaus Gehrke はあります。 このレストラン3つと客室20を擁する、伝統的な家族経営ホテルでは、4世代目のアンドレアス・ゲールケと星獲得シェフのエルンスト=アウグスト・ゲールケが、人々を寛ぎと楽しみに招いています。

アピキウス、ロマンチックホテル ヤークトハウス・アイデン内、バート・ツヴィッシェンアーン

グルメレストラン アピキウス Apicius は、30年来ツヴィッシェンアーン湖畔で料理に光を当てている、灯台のような存在です。 ここではマルティン・ハインリヒ&トーマス・アイラースとそのクルーが、洗練された料理を魔法のように作り出しています。 とはいえ、ここを北ドイツ最高のものに数えているのは、グルメたちばかりではありません。 プライベートビーチを持つ4つ星ホテルのヤークトハウス・アイデン Jagdhaus Eiden は、総面積10ヘクタールの静かな公園の中にあり、地中海ヴィラ風の建物の中には、ウエルネス・ツーリスト向けの大規模スパと個別内装の客室を備えているのです。

マルコ・ポーロ レストラン、ヴィルヘルムスハーフェン

ヴィルヘルムスハーフェンのコロンビア ホテル COLUMBIA Hotel は、グローサーハーフェンとバント湖のちょうど中間という、町を散策するにも、のんびりと海岸を散歩するにも絶好のロケーションにあります。 「ピュア・ノース」を標榜するマルコ・ポーロ レストラン Marco Polo Restaurant は、(海岸に立った時に感じるように) 世界に向けて開かれ、偏見から遠く離れたところにある、新しくて独立した料理を供しています。 これには、様々な地元農作物を用いることも当然含まれています。

ホテル&レストラン シリングスホーフ、グロース・シュネーエン/ゲッティンゲン近郊

ゲッティンゲン近郊のグロース・シュネーエンには、1648年以来シリングスホーフ Schillingshof というホテル&レストランがあります。 今日ここではトップシェフのシュテファン・シリングが、夫人やクルーと共に、素朴なカントリー・ハウス風の雰囲気の中で、現代的な料理を供しています。 家族経営ホテル&レストランのシリングスホーフでは、トップレベルの料理と暖かでオーセンティックな雰囲気を体験できます。 さらにシリングスホーフでは、非常に閑静な環境の中、現代的な内装が施された、素晴らしい客室に宿泊できます。

レストラン トーアシュライバーハウス、シュタットハーゲン

仕事熱心なクルーが、綿密な下ごしらえや最高の食材、絶え間ない気配りで、活き活きとしたグルメ体験をサポートします。 古典的レシピの新たなアレンジと意欲的な実験、時折見せるちょっとした意外さが、トーアシュライバーハウス Torschreiberhaus のストレートな料理に、アクセントをつけています。 料理長のゲッツ・クナウアーは、煮込み料理にとりわけ多くの楽しみを見いだしているようですし、自身がチョコレート好きなので、最後には甘いものが出されます。

グラスホフス ビストロ、ブレーメン

1968年に、当時ゼーゲ通りにあった店の酒類販売部門で、最初の料理が供されました。 際立った雰囲気に人気が高まり、さらには料理の質を高めるスタイルもあって、間もなく人気ビストロ グラスホフス Grashoffs が誕生します。 郷土風&フレンチ風の料理は、地中海やアジアからの影響にも常に開かれており、そこから素晴らしい “グラスホフ・クラシック” が確立されました。

グルメレストラン ディー・インゼル、ハノーファー

高級ワイン&料理愛好家のミーティングポイントとなっているディー・インゼル Die Insel では、料理長のベンヤミン・モイゼルが、創造性溢れる料理で、新たな「美食レベル」を創り出しています。 1,850種類のワインが載り、豊かな装飾が施されたワインリストは、伝説的です。 ディー・インゼル (ドイツ語で「島」) は、のどかなマッシュ湖の南岸という素晴らしいロケーションにあり、張り出しテラスや新設のイベント会場、ビヤ&ワイン・ガーデンを備える、寛ぎのオアシスであり、個人や家族、ビジネスで滞在したり、休暇を過ごすのにぴったりの場所です。

ガストハウス・レーゲ、ブルクヴェンデル

ガストハウス・レーゲ Gasthaus Lege は、州都ハノーファーからほど近い、のどかな町ブルクヴェンデルのテーンゼ地区にあります。 曾祖父によって建てられたホテル&レストランを、4世代目に当たる料理長ヒンリヒ・シュルツェと妻のクラウディアが運営しています。 彼らは、気取りがなくてシンプルな料理 ─ とはいうものの、最高の食材を用いた美味しい料理 ─ を出し、ホスピタリティと愛情のこもったサービスを供します。 ガストハウス・レーゲには、農家風庭園内のテラスや宴会用ホール、休暇向けアパートメントも併設されています。

レストラン&カフェ・ヴォルプスヴェーデ

国内外の様々な星付きホテルで修行した料理長イェンツ・コメラウが、インターナショナルや地中海、ユーロ・アジアンのスタイルによる、クリエイティブな料理でもてなします。 レストランは、ブレーメンからも近く、絵のように美しい芸術家の街ヴォルプスヴェーデの中心部にあり、その卓越した料理により、これまでグルメガイドで何度も高い評価を受けています。 カフェ・ヴォルプスヴェーデ Kaffee Worpswede は、彫刻家ヘートガーによる素晴らしい建築と共に、忘れられない経験もたらします。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました