グルメレストラン セブンシーズ:カールハインツ・ハウザーが、時代に即した、ハイレベルの古典料理を供しています
Seven Seas gourmet restaurant

グルメレストラン セブンシーズ:カールハインツ・ハウザーが、時代に即した、ハイレベルの古典料理を供しています

カールハインツ・ハウザーは、3つのレストランと2つのバー、ひとつのホテルからなる、注目すべき “ガストロノミーの帝国” を、ハンブルクのズュルベルクに建設しました。その中のグルメレストラン セブンシーズでは、ハウザー自身が見事に時代に合った料理を供してます。

かつて伝説的なレストラン オーベルジーネで、エッカルト・ヴィッツィヒマンのスー・シェフを務めていたカールハインツ・ハウザー Karlheinz Hauser は、ブランケネゼ地区ズュルベルク丘上にあったヴィルヘルム2世時代の複合建築物を、2002年以来Hamburgにおける料理シーンのハイライトに造り替えています。 ハウザーは、ガストロノミー経営者として成功していると同時に、自身のグルメレストランでは、古典料理をベースにして、時代に合わせたアクセントや驚くようなアクセントをつけた、緊張感のある料理で輝きを発しています。 どの料理にも、ハウザーの料理に個性を与えるような「なるほど効果」はありません ─ たいていは、確固とした意志のようにハウザーのメニューを貫いている、明瞭な酸味によりもたらされているのです。

Bei ホタテ貝&カニ、ユーカリ、大豆のグリッシーニ、オシエトラ・キャビア、グラニースミス種リンゴ添え では、リンゴとユーカリ・メレンゲの酸味がぱっと広がります。その一方でホタテ貝は、カルパッチョとしてアルガンオイルと赤胡椒で柔らかくマリネすることで、ナッツのような風味を実に見事に引き出しています。 Beim オオカミウオ&軽くスモークしたロブスター、柚とニンジン、ハツカダイコン添え においてハウザーは、いずれも調和がとれる形で組み込まれた、微妙な量のユズとロブスターの燻製アロマによって、味覚のスペクトルを広げています。 この結果、料理はより躍動的で軽快になり、かけられたブールブラン・ソースが新たな光の中に現れることになります。 全体としては、古典料理をベースとして、現代的なアクセントをつけた、味覚のインテンシブな料理であり、決して流行を追いかけることなく、卓越した職人技術と素晴らしい食材を、感謝に値する方法で思い出させるような料理なのです。 アルスター湖へのスペクタクルな眺めも含めて、訪れるだけの価値は絶対にあります!

© インゴ・ショイアーマン教授博士

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました