ワイン文化のハイライト

すでに古代ローマ人たちが (ワインを造るために) ブドウを圧搾していたような場所では、有名な修道院や地下深い貯蔵室、古色蒼然とした建物、そして数々の物語が、ドイツワインの偉大な伝統を今に伝えています。 世界最古のワインのような貴重なものから、ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンのブドウ畑、世界最大のワイン樽まで、数多くのワイン文化のハイライトが、皆様のお越しをお待ちしています!
トリーア慈善財団連合ワイン醸造所

ローマ時代の遺産 - ここでそれが明らかに分かります: トリーア の慈善財団連合ワイン醸造所のドイツ最古のワインセラーの始まりは、西暦330年にまで遡ります。ここのモーゼル川の畔にラテン語でホレアと呼ばれた二つの大きな倉庫が立っていました。もっとも高いところで8メートルになるレンガを使った壁は今日まで保存されています。

ピースポルトのローマ時代のブドウ搾り:ブドウを足でつぶす

ここではローマ人はモーゼルワインを足で踏んで造りました: モーゼル川 のピースポルトでアルプス以北でもっとも大きなローマ時代のブドウ搾汁装置が発見されています。1985年に行われた耕地整理の時でした。有名な急斜面ブドウ畑「ピースポルター・ゴルトトレプヒェン」の麓で、44x20メートルの4世紀の大きな施設が見つかりました。

ニーアシュタインのグレック:最古のブドウ畑

ブドウ畑グレックは有名なローターハング(赤斜面)ブドウ畑の一部で、ドイツの最古のブドウ栽培地です。742年の寄贈証書に示されています。名前の由来は教会と鐘に関係あることは疑いがありませんが、それが鐘の音に由来するのか、あるいは教会の鐘の支払いが畑のワインでなされたことから来るのかは定かでありません。

エスリンゲンのケスラー:最古のゼクト醸造所

シャンペンのブランドのヴーヴ・クリコが個人的に名親となりました:1826年7月1日、ネッカル川畔の町エスリンゲンのゲオルク・クリスティアン・フォン・ケスラーは、ドイツで最初のゼクト醸造所を設立しました。この企業家はシャンパーニュ地方でシャンペン造りを習得しました。創業してから10年でケスラーは約50万本のボトルを販売しました。

ボッパルダー・ハム:最大のライン川の蛇行

ライン川がもっとも大きな弧を描いて蛇行するところにワイン生産地域ミッテルラインの最大のブドウ栽培畑が広がっています:ボッパルダー・ハム。名前はラテン語で鉤を意味する「ハムス」という言葉に由来し、有名なライン川のS字蛇行を表しています。年間ワイン生産量は60万リットル、ほとんどリースリング品種のワインです。

ヴァイングート・ブレンフレック:最新の圧搾施設を備える、歴史的なワイナリー

フーゴ&スザンネ・ブレンフレックのワイナリーおよびワインを特徴づけているのは、伝統の自覚と時代精神の認識、そしてディテールへのこだわりです。 1998年から夫妻は、フランケン地方にあるマイン河畔のワイン村ズルツフェルトで、家族経営ワイナリーの13代目として、ワイン醸造に従事しています。 ヴァイングート・ブレンフレック (ブレンフレック醸造所) の中核になっているのは、文化財に指定されている中世後期の大農場です。

ロート/リートブルク村:現在もブドウを栽培する最古のブドウ畑

ここブドウは多分退役軍人でしょう:400年以上も前に「ロートのローゼンガルテン」はすでにあり、今もワインを造っています。ワインの村ロート・ウンター・リートブルクのブドウ栽培業者は、言い伝えによれば、1618年から1648年まで続いた三十年戦争以前にすでに存在していたそうです。

マイシュロス・アルテンアール:ブドウ栽培業者協同組合の発祥地

協同組合の発祥地は アール 川の畔のマイシュロスです。1869年12月20日に18のブドウ栽培業者が集まり、ワイン生産の歴史における最初の協同組合を設立しました。現在、ブドウ栽培業者の組合は320の会員を擁し、栽培面積は121ヘクタールとなっています。その60%は 赤ワインの地域アール ではシュペートブルグンダー種が占め、20%がリースリング種のブドウとなっています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: