ワイン文化のハイライト

すでに古代ローマ人たちが (ワインを造るために) ブドウを圧搾していたような場所では、有名な修道院や地下深い貯蔵室、古色蒼然とした建物、そして数々の物語が、ドイツワインの偉大な伝統を今に伝えています。 世界最古のワインのような貴重なものから、ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンのブドウ畑、世界最大のワイン樽まで、数多くのワイン文化のハイライトが、皆様のお越しをお待ちしています!
ヴォルムスのリープフラウエンシュティフト・キルヒェンシュテュック

ヴォルムスはローマ人がライン川に来た時以来、ワインの町です。中世のニーベルンゲンの詩では、ヴォルムスのブルグンドの宮廷の美味なワインが称えられています。ワインへの愛着は、続く世紀にもウォルムスのすべての世俗と宗教上の支配者に受け継がれ、境を越えて伝わりました。リープフラウエンシュティフト・キルヒェンシュテュックの畑のブドウから造られたワインは、とくに有名です。

ユリウスシュピタール:ボックスボイテル(丸平型ビン)の故郷

ボックスボイテルの最古の絵:ワイン醸造所ユリウスシュピタールの創立記念レリーフの真ん中の客人の足の間に棍棒の形をしたビンが認められます。多分、薬を入れる容器か、ビンと思われますが、新時代のボックスボイテルのビンの前身、最古のボックスボイテルのビンを描いたものとされています。

ローマ人のヴィラ・ヴァイルベルクとブドウ搾り機

温泉保養地で郡庁所在地のバート・デュルクハイムの町の端にブドウ畑があり、その赤い屋根の下に大層な宝が潜んでいます:ローマ時代のほぼ2000年前の古いぶどう搾り機です。南部プファルツ地方と モーゼル川 の間でこの種類のものでは唯一のブドウ搾り装置です。1981年に町の一部のウングシュタインで耕地整理のために発掘調査をしているときに発見され、センセーションとなりました。

シュパイヤーのローマ人のワイン:最古の液状のワイン

世界で最古の保存されているブドウ酒は、今もまだ液状です。シュパイヤーにある プファルツ 歴史博物館は、ドイツでもっとも多くのワイン文化に関する貴重品を有する博物館のひとつです:西暦325年頃に造られたワインは、イルカの形をした二つの柄が付いた緑黄色の筒形ガラス瓶に入っています。

カステル:侯爵がジルヴァーナー品種の先駆者

フランケン地方の村カステルの歴史では1659年4月6日が記念すべき日となっています:カステルの伯爵領地の地方官ゲオルク・ケルナーは、カステルの城の丘の麓に新たにブドウを植えさせました - なんらかのブドウではありませんでした:オーバーアイゼンハイム村からカステルに一日前に届いた「25本のオーストリアの挿し木」でした。

プフェーデルバッハ:侯爵の樽と領主のセラー

この地方ではブドウ搾りの建物が道を示しています:エーリンゲンとプフェーデルバッハの間にはかつて八つのブドウ搾汁所がありました。牧師のプレス、しじゅうからのプレス、杜松のプレスなどと呼ばれ、そのほとんどはなくなってしまいましたが、ブドウ搾り機の石が往時を思い起こさせます - 昔のスポットを結ぶハイキングコースが設けられています。

エーベルバッハ僧院:シトー会修道士のワイン

幾世紀にもわたる古きワインの文化を代表する エーベルバッハ僧院 の石垣はエルトヴィレ、 ラインガウ 地域に今もあります。エーベルバッハ僧院はすぐにドイツにおける最大かつ最重要僧院のひとつになりましたが、それはブドウの汁のおかげでした。ブルグンドからもたらされたピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)ブドウ品種は、ラインガウ地域のワイン文化の最初の輸出ヒットとなりました。

ロルシュ僧院:ブドウ栽培の記憶

ブドウ栽培の歴史の保存に ロルシュ僧院 、 ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ(ヘッセン山の道) ほど寄与しているところはありません。 南では バーデン 、北では フランケン と ラインヘッセン と無数の町村が自分の土地のワイン造りの歴史を中世初期まで辿ることができます - ロルシュ僧院 のおかげですが、僧院は現在 ユネスコ世界文化遺産 となっています。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: