ワイン生産地域ミッテルライン:世界文化遺産のブドウ栽培
ミッテルライン ©Mittelrhein-Wein e.V.

ワイン生産地域ミッテルライン:世界文化遺産のブドウ栽培

険しいブドウ畑の斜面、古城と宮殿、世界的に有名なローレライの下を120Kmにわたってビンゲンと ボン 間、歴史に満ちた中流部ミッテルラインの風景の中を、ライン川が滔々と弧を描いて流れています。「ジーベンゲビルゲ」と「ローレライ」がミッテルライン地域をさらに二つの地域に分けます。ブドウ畑が特色の南側の景観、 コブレンツ とビンゲンの間の文化景観は、2002年に ユネスコ世界遺産 に登録されました。これは急勾配斜面のブドウ畑を守る勇気をブドウ栽培業者に与えました。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

お役立ち情報

ライン川サイクリングロード

ライン・山の道

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました